2013.03.10 次の先発は?
WBC二次ラウンド第2戦は、侍ジャパンによる集団リンチが7回まで休むことなく続き、オランダを完膚なきまでにやっつけました。

さて、二次ラウンド・pool-1の一位決定戦は、どうしましょうか。

3/12(火)、侍ジャパンは、本日の敗者オランダと、二次ラウンド初戦でオランダに敗れ、昨日台湾をコールドで下したキューバのリベンジマッチの勝者と、pool-1の一位を争います。

オランダが勝ってもキューバが勝っても、侍ジャパンは二度目の対戦となります。

日本は既に準決勝進出を決めたので、火曜日は軽く流してしまえば良いのかも知れません。どうせ決勝トーナメントはサンフランシスコですし。

さて、3/12の先発、これは首脳陣も悩ましいところだな~。

前田健太は、準決勝の先発若しくは決勝の先発でしょうからね。

今日のマエケンのピッチングを見て、改めて、ピッチャーはスピードではなくコントロールだと言うことが証明されましたね。まぁ前田の場合は、どちらも兼ね備えている稀有なピッチャーだけどね。

ここまで来ると、pool-1の一位通過、二位通過はほとんど意味がない。

決勝トーナメントは、pool-2の一位と当たろうが二位と当たろうが総力戦になるからだ。

3/12は、キューバが相手でも、オランダが相手でも(ま、九分九厘キューバだろうけど)、決勝トーナメントに向け、メンバー全員の経験値をあげておくことが大事だね。

本多、角中、炭谷をスタメンで起用し、先発は今村か涌井で。勝っても負けてもいいから、セットプレーをいろいろ試して欲しい。

決勝トーナメントは、前田、能見、田中、内海、大隣が先発候補となろうが、ガキおやじは、キーマンは中継ぎで登板するであろう摂津、沢村だと思っている。摂津は心配していない。摂津は決勝トーナメントは準決勝も決勝も投げなければならない。やはり制球が不安定な沢村の出来にかかってくると思っている。

決勝戦の最後、三連覇を決めるのは牧田だ。地面から這い上がる、真ん中高めのライズボールで空振り三振だ!!
Secret

TrackBackURL
→http://yoemon.blog77.fc2.com/tb.php/1049-6d208b2c