WBC二次ラウンド初戦の台湾戦、先発は内海です(そんなん誰が言った?)。

内海くんは往年のハチャメチャ野球マンガ『侍・ジャイアンツ』を知ってるかい?

土佐の漁師町出身の野球小僧、サウスポーの番場蛮(バンバ・バン)が、巨人に入団し、当時日本人が忌み嫌っていた背番号『4』を背負い、女房役の八幡(はちまん)と共に、メチャクチャな魔球を次々と開発し、ライバルをバッタバッタと打ち取る痛快野球アニメだ。

正統派野球小僧は、『巨人の星』か『ドカベン』を崇拝していたものだが、ガキおやじは断然『侍・ジャイアンツ』派だった。超マイノリティだった(笑)。

『ハイジャンプ魔球』、『エビ投げハイジャンプ魔球』、『大回転魔球』、『分身魔球』・・・。

おバカなガキおやじ少年は、番場蛮の魔球を本気で投げられると思って練習していたよ(爆)。

・・・すべてボークだ(笑)。

ストーリーのハチャメチャさもさることながら、主題歌が死ぬほど好きだった。ニ短調の旋律はモチロンカッコイイのだが、歌詞が素晴らしかった!



『王者! 侍ジャイアンツ by ロイヤルナイツ』

♪王者の星が 俺を呼ぶ 俺は侍 呼ばれたからは

♪鉄の左腕の折れるまで 熱い血潮の燃え尽きるまで

♪熱球一筋 命を懸けた ジャイアンツの ジャイアンツの 旗の下



まさに一発勝負に己の持てる力をすべて吐き出さなければならない左腕の内海くんのための歌だ。是非とも試合前に聴いて欲しい。

敗けは許されないよ。頑張ってくれ!

・・・ってか、内海くん投げるの?(^O^)
Secret

TrackBackURL
→http://yoemon.blog77.fc2.com/tb.php/1040-7469245e