2013.02.23 食玩
ガキおやじが結婚して子供が生まれる前、夫婦でバカみたいにハマった食玩フィギュア。

引越しのたびに、段ボールを開けることなく、次の住まい、次の住まいへと運ばれては放置されていた。

先日、『そういえばこの箱、ずーっとウチにあるけど何が入っているの?』と娘に聞かれた。

『んー、開けてもいいけど、一旦開けたら大変だぞ・・・。』

オヤジからそう言われたら開けたくなっちゃうよな。

開けてびっくり。娘も息子も『何これー!! すごーい!!』

子供がいなかった当時、夫婦でバカみたいにハマった、リーメント・『ぷちサンプル』シリーズ。
↑箱の中のほんの一部。一番ハマった、リーメント社『ぷちサンプル』シリーズのフィギュアたち。

この他にも、グリコ『タイムスリップグリコ』、『黒潮コメッコ』や、フルタ『チュコエッグ』シリーズなどなど、フィギュアの類は殆ど手を出した。子供が生まれるまで、ほぼ毎日のように買い漁り、50万円くらい使ったのではないか? バカ夫婦だったな。

リーメントの食品サンプルはリアルでした。 食堂の備品なんかも細かく再現されていました。
↑リーメント『ぷちサンプル』シリーズはリアルでした。リーメント『ぷちサンプル』シリーズは、『和食処』、『洋食屋』、『中華食堂』、『ファミレス』、『駅弁』、『郷土料理』、『回転寿司』、『旅の土産』、『デザート』などなど、色んなシリーズが毎週のように発売され、日本に空前の食玩ブームを起こしたヒットメーカーだ。

子供達は目を爛々と輝かせ、すごいすごいと言いながら、公式ガイドブックと照らし合わせながら、バラバラにしまっていたフィギュアを、シリーズ毎に並べていたよ。

この食玩で遊ぶため、専用のキッチンとか、冷蔵庫とか、ショーケースなんかが別売りで売ってました。メチャクチャリアルでしょ?
↑リーメントの食玩は、ディスプレイのための関連商品が色々売っていました。ガキおやじは冷蔵庫と流し台を持っています。この流し台は娘が大いに感激し、キッチン用品のフィギュアを並べました。本物みたいでしょ?

バラバラとぞんざいに箱にぶち込んでいたけど、シリーズごとの『シークレットフィギュア』も殆ど持っているのよ。

食玩フィギュアは、10年前の大ブームに比べると相当下火になってしまっているが、リーメントの『ぷちサンプルシリーズ』は、まだ続いているんじゃないかな?

また、リアルな食品サンプルシリーズが出てきたら収集したいな♪
Secret

TrackBackURL
→http://yoemon.blog77.fc2.com/tb.php/1024-5bc2791f