自転車のチェーン、スプロケット、チェーンホイールは、注油が命。オイル切れを起こすと、スプロケットはメッキ処理してあるからまだいいとして、チェーンは速攻で錆びる。

かといって、オイルは諸刃の剣。注油が多すぎると、埃を呼びまくり、すぐに黒いスラッジが溜まってしまう。また、粘度が低いものは流れたり飛び散ったり。凝ると意外と奥が深いのがルブリカントの類。

今、ガキおやじが使っているのは↓コレ。
EVERS (エバース) チェーンルブ SCL-12 300ml

EVERS (エバース) チェーンルーブ SCL-12 300ml
価格:1,790円(税込、送料別)


↑EVERS チェーンルーブ 300MLスプレー 1,790円。PTFE(ポリテトラフロロエチレン:4フッ化エチレン)の微粒子をエマルジョン化したホワイトスプレーグリースなんだけど、安くないのね。このEVERSチェーンルーブは、粘度が高く、べたつき感が強い。

スプレータイプは使い勝手が良いんだけど、意外とたくさん付け過ぎてしまう欠点がある。付け過ぎると真っ白になってしまい、きれいに拭きとってやらないとゴミ溜めになってしまう。注油は必要最小限をこまめに行うのが良い。

今回、試しに↓コイツを買ってみた。

↑shimano PTFEドライルーブ。100MLで840円ってのは、EVERSよりも高いが、スプレータイプではないので、コイツの方が、実使用量は少なくて済むかも知れない。

そして、このshimano PTFEドライルーブは、べたつき感が少ないという。まぁ、潤滑剤だから、ベタつきがあるのは仕方がないんだけど、保持力はどうだろうね?

タイヤも履き替えなきゃならないし、来週の日曜日にでも、洗車&チャリンコいじりすっかね~♪
Secret

TrackBackURL
→http://yoemon.blog77.fc2.com/tb.php/1021-cd1db8fd