釣った魚は食う。コレが採集狩猟遊びとしてのボクの釣り道のこだわりです。

逆を言うと、食わない魚は海へ返す。コレ鉄則。

特にファミリーフィッシングの場合、釣れた魚が食うに値しない小さいものだったり、毒魚だったりしても、子供はバケツの中にその魚を入れ、観察したり触ったりして遊びたがりますが、食わないのなら、弱ってしまう前に海へ返してあげるというルールを徹底させましょう。

バケツの中の水はすぐに水温が上がり、魚はすぐに死んでしまいます。バケツに手を入れ、魚を追い回したりしたら、それこそ数分で弱って死んでしまいます。『命を無駄にしない』ことを教えてあげるのが父親の役目です。

家に持って帰るのなら、バケツの中に入れておくより、いきなりクーラーボックスに入れてしまったほうが鮮度が保てます。アジやサバ、イワシなどの青小物は、すぐに傷み始めますので、クーラーボックスの氷の中に海水を入れ、0℃以下になった冷却水の中に放り込んでしまいましょう。氷にジカ置きするよりもこの方が魚をより低い温度で保存可能です。

家に帰ったら、お父さんの腕の見せ所です。

どんな料理で食べるかにかかわらず、まずは魚を良く洗います。多量の塩を振りかけて、魚を良くこすり、水道水で流します。ヌル、汚れがびっくりするほど取れるでしょう。

洗浄が終わったら調理法に応じた処理をします。

ファミリーフィッシングでは、刺身でいただけるような大物は滅多にお目にかかれないと思いますが、簡単で美味しい食べ方は、塩焼きか唐揚げです。

魚の処理は、小出刃があれば便利ですが、ある程度慣れないと難しいので、全くの初心者の方はカッターナイフと小型の鋏(先端が尖っている物・釣り用の糸切り鋏がすごく便利)を使うといいでしょう。ボクは刃渡り15cm程度の細身のアーミーナイフを使っています(魚にキッチン包丁の使用は妻に固~く禁じられているので・・・)。

まな板は、100円ショップのもので良いので、釣り魚処理専用のものを買いましょう。いつものまな板を使うと、奥さんに確実に怒られます。どうしてもいつものまな板を使う場合は、新聞紙をぐるぐる巻きにして、魚の処理が終わったら、新聞紙ごと生ごみバケツに入れましょう。間違ってもはらわたを三角コーナーに入れないように。奥さんが烈火の如く逆上すること必至です(^^;

1.細身の魚(シロギス、ハゼ、イワシなど)は魚の首の上から背骨まで包丁を入れ、頭を引っ張ると、内臓がスルスルと出てきます。コレができれば新鮮な証拠です。体高のある魚は頭を落としちゃいましょう。

2.取った頭の部分から肛門まで包丁を入れ、腹開きにし、中を水でよく洗い、血合いを爪でこそげ落とすようにして取り除きます。

3.その後、背骨を取り外します。イワシなどのやわらかい魚であれば、手で簡単にむしりとれます。

こうして処理した魚をキッチンペーパーの上に並べ、水分を取ります。このとき、塩コショウを薄くしておきます。ここまでは、塩焼きも唐揚げも一緒です。塩コショウの代わりにしょうが醤油にしばらく漬けておいても良いでしょう。

【塩焼きの場合】
アルミホイルにサラダ油を薄く塗り、オーブントースターのトレイに敷き、魚を入れずに軽く熱しておきます(魚がひっつかないように)。

アルミホイルが充分に温まったらトレイを取り出し、処理した魚を並べ、再びオーブントースターへ。魚の数、大きさにもよりますが、180℃~200℃で3~4分で出来上がりです。

【唐揚げの場合】
処理した魚に片栗粉(小麦粉でも可)を薄くまぶし、180℃の油の中へポチャン。魚がきつね色になって浮いてきたら出来上がりです。

あつあつの魚に軽く塩をまぶして食べれば最高のおかずになります。ビールにもサイコーに合います!

我が家では、ウミタナゴ、メジナ、イシモチなど、体高のある白身魚の場合は塩焼き、イワシ、シロギス、ハゼなど、流線型の魚はから揚げにすることが多いです。カレイの場合は、20cmオーバーは刺身(5枚おろしは難しいよ!)、それ以下は唐揚げ。カサゴ、メバルは文句なしで煮付けに、カワハギは、どんなに小さくても頑張ってお刺身でいただきます。

我が家の子供たちは、とにかく肉より魚好きなのですが、特にウミタナゴの塩焼きとハゼの唐揚げがお気に入りのようで、小骨だらけで食べづらいウミタナゴを骨までチューチュー吸い、見事にたいらげます。

自分で釣った魚を食べるうまさと歓びを我が家の子供たちは知っています。食後は必ず『今度は○○を釣ってお寿司にする!!』とか言ってるもん。自然の懐の深さを知って、命の大切さを知って、まっすぐに育って行って欲しいと願っています(そんなたいそうな話じゃねぇってか???)。
Secret

TrackBackURL
→http://yoemon.blog77.fc2.com/tb.php/10-39312d7c