2017年11月5日(日)、少年野球がポッカリ休みになり、息子と小坪漁港へ釣りに出掛けました。

実はガキおやじ、右肩棘上筋腱板部断裂の大怪我を負い、現在右腕の可動域が極端に狭くなっています。

脇を締めていないと上腕に激痛が走るため、腕を伸ばしたり上げたり横に広げたりという動作が出来ない状態が1ヶ月以上続いています。肘から先は自由に動かせます。

医師と再建手術をするか、保存療法でリハビリするか相談しているところなんす。

すると、できる釣りは穴釣りに限られてしまうわけです。

っつ~か、そんな時に釣りしねぇわな普通はw


このテトラ帯、間もなくテトラポッドの入れ替え工事を行うようで、来年の3月いっぱいまで立ち入りが出来なくなるようです。

エサは二人で青イソメ80g。潤沢に使えます。


妖しいフェロモンを放つ穴を見つけては仕掛けを挿入しながら、花から花へと点々と飛び回りますが、開始30分はノーヒットに抑えられました。ガキおやじの初ヒットはショボ~いキヌバリ。ポイッ!(>ω<)


息子は良型のキュウセンが初ヒット。


ガキおやじはその後、雑魚ラッシュに悩まされます。キヌバリ、ササノハベラ、ゴンズイ、小さすぎるギンポなど・・・。

雑魚ラッシュに辟易しながらも、移動を繰り返し、開始から2時間。小さな穴に仕掛けを挿入。すると、仕掛けが着底する前に強引に引ったくられました。

明らかにこれまでとは違う引き。根に潜ったりしやがる。待望のカサゴかな?


お~、メバル(嬉)。


メバルがいた穴の周辺を重点的に狙い、その後はカサゴもポツポツ上がりました。

息子はほぼ終日ベラと格闘していたようですが、帰り掛けに何とかカサゴを1匹GET^_^

【RESULTS】
ガキおやじ:メバル1、カサゴ8(4リリース)、ギンポ6(リリース)、キヌバリ4(リリース)、ベラ∞(リリース)
息子:キュウセン3(1リリース)、カサゴ1(リリース)、キヌバリ4(リリース)、ベラ∞(リリース)


終わってみればまあまあってな感じでしたが、とにかくベラが凄い事になっていて・・・。小坪の逗子マリーナ側のテトラ帯にはベラが2億匹生息しています(;´Д`)



キュウセンと、カサゴのサイズ上位2匹は煮付けに、キュウセンの煮付けは、思ったほど悪くなかったかな。

カサゴは鉄板の味。チョイと煮過ぎてしまい、肉が硬くなっちゃったかな? それでもうまかったね(^O^)v


メバルと残りのカサゴは味噌汁に。コレがイチバンうまかった!!

大怪我の身でありながら、左腕一本でテトラ穴釣りとか、まともな人間はやらないんだろうが、ガキおやじはまともじゃないから仕方ないね。

やはり穴釣りは鉄板だね!!
2017年9月24日(日)、雨天中止以外では今年2回目の少年野球中止がありました。

で、息子と今季3回目の釣行に出かけました。

昨年の9月に、息子が人生初のメジナの釣り味を覚えて以来、ちょうど1年振りのウキメジナ釣りに出撃!



戦場は江の島の湘南大堤防。朝5:15現地入りです。

息子はサビキ竿2号3.6mにナイロン4号ライン、針は伊勢尼5号、ハリス1号という、固定ウキ式磯小物万能仕掛け。

ガキおやじは磯竿1号5.3mに、フロロ12lb(ナイロン3号相当)ライン、針は伊勢尼ヒネリ4号にフロロ1号ハリス、遊動式自立ウキ仕掛けで遊びます。

息子は現在小学校6年生。もうオヤジが仕掛け作ってやるなんてことはすっかり過去の話となっています(^O^)v

先行する常連さんと思しきウキメジナ師に今日の塩梅を訊いたら、アイゴの幼魚が1兆匹くらいいて釣りにならないとのことでしたが、取り敢えず釣り開始!

常連さんの言うとおり、コマセ打つと10cmくらいのアイゴが1兆匹くらい一気に湧いて来ます(;´Д`)

まずは足元にコマセを落とし、1兆匹のアイゴを足止めし、本命用コマセは出来るだけ遠くに打つことにしました。



すると、息子が開始20分で本命をゲットします!!

ここからヤツは終日確変モードに突入。周りの百戦錬磨の釣り師たちが苦戦しているのを尻目に、息子ひとりだけが異常な入れ食い状態。サイズは15~16cm級ながらも、時折20cmオーバーも掛かります。

またあの子だ、何なんだ?!

という、ギャラリーの声に気を良くする息子(≧∇≦)b

息子の秘策はタナ。ウキ下30cmで浮いてきたメジナをバンバン釣り上げてやがりますΣ(゚Д゚)

一方、ガキおやじはどうしているのでしょうか?

実は、シマダイの猛襲来に辟易しちゃってまして^_^

息子にはシマダイは一匹もかからないのですが、ガキおやじは表層狙いが好きではないので、遊動ウキ式仕掛けながらウキ止めを使用せず、1ヒロ半のハリスにはチモトと、チモトの1m上の2箇所にジンタンを打ち、カワハギの誤爆を狙っておりました。

そしたらシマダイが1億匹くらい溜まっているタナにどストライクだったようで、1時間あたり10数匹という猛攻を受けました(>ω<)

息子は既に『20cm以下のメジナはリリースする!』と、クソ生意気な宣言をしやがったので、メジナ釣りは息子に委任し、ひたすら底狙いを続けます。

シマダイのしぶとい猛攻にじっと耐え、ひたすら粘る午前9:00頃、ガキおやじに明らかにシマダイとは違うアタリが!!

モゾ・・・モゾモゾ・・・ピタッ・・・・・・

を! このアタリはカワハギっしょ?!

次の瞬間・・・スーッ・・・と静かにウキが消えました!!

ビシッ!! HIT!!

ゴンゴンと下へ下へと潜ろうとするヒキ。アイナメ? まさかねぇ・・・ギャラリーがガキおやじの周りに集まって来ました。

結構大きいかも。堤防から水面の高さは2mといったところ。タモないな~、フロロ1号でぶっこ抜けるかなぁ?

ま、バレたらバレただ。ヨイショォ~~~っ!!



おチヌ様ぁ!!Σ(゚Д゚)

いやぁ、ビックリ。伊勢尼ヒネリ4号という極小針でフロロ1号ハリス、よくぞ上がってくれました。カイズサイズながら、フォルムは紛れもなく黒鯛です(≧∇≦)b

『お~ぃ、俺はもう満足、メジナもたくさんあるし、帰ろうぜ~!!』

と息子を挑発するガキおやじw

『尺メジナ絶対に釣ってやる!! コマセなくなるまで帰らない!!』

売り言葉に買い言葉の息子(笑)。



取り敢えずメシ休憩してすぐに再戦。息子は尺メジナゲットに執念を燃やします^_^

休憩後も息子はメジナをバカスカ釣り上げますが、お土産分はもう十二分に確保出来ているので、20cm以下は全てリリースさせました。

ガキおやじは、おチヌ様のご降臨に満足しましたが、出来ればもうワンサイズ上のおチヌ様を釣りたくて、尺超えチヌ狙い一本に絞りました。

表層ではコマセを打つたびにアイゴ1兆匹、シマダイ1億匹、メジナ1万匹がバシャバシャバシャバシャ沸騰します。

活性はMAXですが、なかなかフッキングしないようで、他の釣り師たちは本当に苦戦している様子でした。

さしもの息子も自分の爆釣モードに、『釣り堀だってこんなにアタらないよ!』と驚いていました。

しかし、その驚きは、次にガキおやじに降臨したプレミアムGODにより一瞬で吹っ飛ばされました(≧∇≦)b

ガキおやじが仕掛けを投入した瞬間、ウキが沖に向かって脱兎のごとく走り出しました!!

Σ(゚Д゚) Σ(゚Д゚) Σ(゚Д゚)

鬼合わせっ!! ビシッ!!! HITォ~っ!!!!

あひ~っ、ボラ掛かっちゃったよ~(;´Д`)

ん~っ、参ったねぇ。。。

ぐるぐるメチャクチャに走り回るボラと思しきヤツ。

しかし次の瞬間、

グイグイグイ オラオラオラ~ッ!!

と、下へ下へと潜りはじめ、一気に反撃態勢に変わりました。ドラグがジリジリ鳴り、ガキおやじとの距離を広げて行きます。

やべぇ、ボラじゃねぇぞ!!何だ何だ? !

ゼッテェ上げてぇ!!

しかし、ガキおやじのタックルはフロロ1号ハリス。絶対に上げられないだろう。ゆっくりゆっくりリールを巻いて行く。

5分ほどの死闘の末、疲れが見えた敵を一気にぶっこ抜き!!!!



ど~ん!!

上がったのは何と33cmのワカシでした。

ワカシが江の島に回ってくるのは知ってるし、狙うカゴ投げ師が大挙しているのも知ってる。

しかし今日は朝から、たくさんいるカゴ投げ師、一匹たりとも青物上げていなかったんです。

なのに、ガキおやじの小物タックルに、それも、大堤防の一番根元のキワに紛れ込んで来るとはΣ(゚Д゚)

13:30、コマセを使い切りGAME OVER。

息子、『俺は今日、試合に勝って勝負に負けた_| ̄|○』と、誰に教わったんだかってな捨て台詞を吐き、ガキおやじに対ししおらしくリベンジを誓っておりました。

ギャハハ、参ったか!! 伊達にお前より長く生きては無いわい(^O^)v

お父さんもお前も今年は歳男だが、お前は2回目、お父さんは5回目。年季が違うんだぞw


【RESULTS】
息子:メジナ29(18匹リリース)、アイゴ6(リリース)
ガキおやじ:ワカシ1、クロダイ1、メジナ4(3匹リリース)、ヒイラギ3(リリース)、アイゴ3(リリース)、フグ2(リリース)、シマダイ21(リリース)



いやぁ、釣れたな~❤

何が良かったのかわからないけど、とにかく我々親子だけが異常な釣れ方したんだよね~! 場所かな?

なかなかこんな体験出来ないね。特に息子は往年のトロピカーナの裏モノをツモり、朝から晩まで当たりっぱなしみたいな状態だったし、ガキおやじはミリオンゴッドのPGGを一日に2回引いちゃったようなもんだもんな(≧∇≦)b

最高に楽しい一日ではありましたが、ガキおやじには帰宅後地獄の労役がありました(;´Д`)


メジナのフィレ取り


メジナの塩焼き


フィレからの刺身


黒鯛の刺身


ワカシの刺身


メジナの胡麻醤油ヅケはゴハンに乗せるとサイコー❤


息子も娘も爆食してました(≧∇≦)b

・・・と言うわけで、久々の釣行記【トロピカーナB物をツモった! ~江の島巨編~】は以上\(^o^)/
今年の夏休みは異常な気候で、ニュースによれば東京は8/1~16まで16日連続の雨とか。

神奈川も例外なく雨雨雨・・・。

息子と釣りに行く約束をしていた8/16も、朝4:00の時点で雨(;´Д`)

息子も頭来て『寝る!』と不貞寝。

しかし、9:00頃なんとか雨が上がったので強行出撃。

江ノ島裏磯でジグサビキ一本勝負に出ました。

江ノ島裏磯は、とにかく行き帰りが地獄の山登りなので、ガキおやじも学生時代は主戦場にしていましたが、すでにそんな体力もなく、現在は江ノ島は表磯専門。裏磯はかれこれ25年ぶりの登場です。

外国人観光客で溢れ返る江ノ島入り口から、階段を塞いで自撮りに夢中の中国人観光客を掻き分けながら裏磯へ。

この時点でヘトヘトなんだけど、今日はエサも、餌釣り用のタックルも何ひとつ持ってきてないので、三振かホームランのジグサビキを一日やるしか選択肢がありません。


息子はいそいそと仕掛けを準備し、早速キャスト開始。

ここは、釣り師達が『大平(おおだいら)』と呼び、観光客は『稚児ガ淵』と呼ぶ、回遊魚狙いのカゴ師が溜まるエリア。

今日はここで、アジ、サバ、イワシを狙います。


ガキおやじは、到着時点で既にHPが50%を割ってしまったのでガソリンを補給w

もともと仕掛けを常に動かしていなければならない、忙しい疑似餌釣りが好きではないガキおやじ、今日は意気込みもいつもの半分程度。単なる息子の保護者です(*´∀`)


最初のヒットは息子、ピコカマス(≧∇≦)b

こんなの、尺越えのカマス釣るより難しいわ! それも、ちゃんと下顎にフッキングしてやがるw モチロンリリース。


ガキおやじは一度ベースを張ったら梃子でも動かない、ランガンに最も向いていない釣りスタイル。一方、息子は釣れないとあちこち動き回り、ヒットアンドアウェイを繰り返すランガンタイプ。あんまり遠くへ行くなよ!

【RESULTS】
マルボウズ(≧∇≦)b

いや~、つくづくガキおやじ、この手の釣りは向いてないな~(*´∀`) すぐにヤンなっちゃった。

この日、カゴ師、ジギンガーなど、青物狙いは玉砕。ウキメジナ師は軒並みお祭り騒ぎという、対照的な一日でした。

あ~、ウキ釣りタックル用意すべきだったな^_^


夕方、江ノ島岩屋の上の森ではヒグラシがカナカナカナカナと鳴いていました。

・・・もう夏休みも終わりだな。
2017年5月2日(火)、GW中の平日、5/1、2に有給休暇を充て、突貫9日のクレイジー連休でした。

4/30に息子と逗子市の小坪漁港で穴釣りをしたのが約7ヶ月ぶりだったんだけど、2日後にまた釣りに出かけましたw

もちろんガキは学校なので、今日はガキレスで思い切り釣りするよ~ん(≧∇≦)b


場所は、三浦郡某所の堤防。チタン君があとからくる予定です。チタン君とは昨年のGW以来、1年振りの釣りです。


ガキおやじは今日は特に狙いはなく、サーフロッドマジ投げをぶっ込んで放置、まったりする予定です。


これ、コレですよ♫

釣れる、釣れないは二の次、海風に吹かれながらAMラジオと酒。サイコーの贅沢な時間だね(≧∇≦)b

さて、10:00過ぎ、チタン君が登場。チタン君は、かなり潮が引いてきた藻場でタコテンヤを投げ始めました。

するとわずか2投目で・・・


マダコGET、いぇ~い!!\(^o^)/

いきなりのご馳走を確保♪ もう、今日はこれでいいや^_^

とは言うものの、以降、ガキおやじもチタン君も投げ釣りはサッパリ。アタリすらありません。


取り敢えず、ボウズのがれのため、二人で穴釣りに変更です。


すると、ガキおやじに速攻でマイクロカサゴがヒット!


チタン君には20cmオーバーのムラソイがヒットします!!


ギャハハ!! 穴釣りは裏切らないね~\(^o^)/

【RESULTS】
チタン:ムラソイ✕1、カサゴ✕2、ギンポ✕1
ガキおやじ:カサゴ✕1、ギンポ✕1

投げ釣り何時間やっても全くダメでしたが、わずか30分程度の穴釣りでこの釣果。穴釣りはすげぇな(^o^)v

この後、銭湯に行って汗を流したあと、恒例のチタン邸での狂宴!!


く~~~っ、うめぇ!!


タコ、タコ~~~!!! やべぇ、うまい(≧∇≦)b

チタン君との久々の凸凹釣行は、大満足の一日となりましたw
2017年4月30日、ガキおやじ今季初釣行です^_^

ガキおやじが少年野球の指導者となって3年目、土日はほぼ休みがない生活になっています。

さらに今年、ガキおやじはAチーム(6年生主体の1軍)の監督になってしまった関係上、私用で野球を休むこともままならぬ、地獄の懲役生活を余儀なくされています。

そんな時、試合相手チームの都合でビジターの試合が突然中止となり、息子と釣りに出掛ける千載一遇のチャンスが回ってきました。


息子とは、探りロッドによる穴釣り対決の約束をしていました。場所は約25年振りのお出ましとなった、逗子市の小坪漁港です。

かつてはガキおやじのホームグラウンドでもある場所でした。

漁港と言っても、ここは小坪マリーナ、逗子マリーナというリゾートマンションに囲まれた、拝金主義のレジャースポットとしての街並みとなっています。

IMG_20170430_080626.jpg
危険なのでガキおやじが禁止していたため、息子にとっては初めてのテトラポッド上陸です。最初のうちは怖がって、全く足が進まなかったものの、30分もしたらすっかりなれたようで、穴という穴に仕掛けを入れながらランガンしていました。

息子は今年小学6年生になりました。昨年9月の江ノ島ウキメジナ以来の子連れ釣行ですが、仕掛けを作るのもすべて自分でやるようになり、父ちゃんが仕掛けを作ってやったり、根がかり対応やおまつり対応など、一切手がかからなくなりました。ガキおやじも、息子の行方に注視するだけで、心置きなく釣りが楽しめるようになってきました。

GW最初の日曜日というのに釣り人はまばら。小坪マリーナ側の一級品のテトラ帯が全面的に立ち入り禁止になってしまったため、逗子マリーナ側の浅いテトラ帯と、港内のみ釣り可能エリアになってしまったため、釣り場としてはすっかりさびれたようです。

それにしても、穴釣りは鉄板!!

IMG_20170430_101941.jpg
父ちゃんが最初エギロットで30分ほどエギングやっていた間(全く反応なしでしたが)、まずはキヌバリ^^;

IMG_20170430_103911.jpg
つづいてカサゴ(ちっちぇ~w)!!

と、初めてながら順調な滑り出し。さて、父ちゃんも探りロッド出すかね~♪

ここで小学生とアラフィフおやじの経験の差が出たね~(笑)。

そう、魚が潜んでいそうな穴を重点的に狙う勘(^O^)v

IMG_20170430_094004.jpg

ガキおやじは第一投で17cmのカサゴをゲットします(笑)。にゃはは、息子よ、参ったか!!

IMG_20170430_124002.jpg
ベラ~、要らねぇ!!!!

・・・しばらくベラの連射に辟易するガキおやじ。割愛。。。

IMG_20170430_122549.jpg
さて、テトラポッドにすっかり慣れた息子。あちこち歩き回り、穴という穴を片っ端から探っているのに対し、ガキおやじは、狙いをつけた2つの穴に絞って重点的に狙います。

すると、ガキおやじの仕掛けが一閃!! 強烈なアタリが!!

ヒット~!!!!

ギュンギュン細身の探りロッドの先端が絞られて行きます。今まで穴釣りは何度も何度もやっていますが、ここまで強烈な引きを味わったことはなかった。メジナか? それともアイナメか何か? カワハギはこんなファイトしないしな・・・。アイナメに近い、下へ下へとぐんぐん仕掛けを引き込むファイトスタイル。

とにかく、絶対にバラさないよう、テトラの隙間に入られたらThe Endだ。竿を立て気味にして、最後は穴の真上のテトラに移動して一気に引き抜きました。

IMG_20170430_100845.jpg
ど~ん!! 25cmのキジハタ(驚)!!

え? こんなところにキジハタって・・・ただただびっくりでした。西の方では『アコウ』と呼ばれる超高級魚ですね。このサイズでも浜値で2,000円くらいするんじゃね?

っていうか、そもそも水深200~400mあたりに生息する魚なので、釣るのはもちろん初めてだけど、活魚を見たのも初めてだわ(笑)。テトラの中にもいるんだね~。

IMG_20170430_143311.jpg
その後もまあまあのサイズのギンポとか、同じ穴で立て続けに釣り上げました。

さ、今日は父ちゃんのコールド勝ちだな!! 餌まだ少し残っているけど、俺は疲れたから先に納竿するけど、お前はどうする?

『俺も一つ決めた穴があるから、餌がなくなるまでこの穴攻める!!』と粘る意向を表明、最後の最後で・・・。
IMG_20170430_145449.jpg
ベラ~!!、でけぇ~!!!、要らねぇ~!!!!(爆)

16:00、爆笑のThe Endとなりました。

【RESULTS】
息子:キヌバリ(10cm)×1、カサゴ(12cm)×1、ササノハベラ(23cm)×1、キュウセン(12cm)×1
ガキおやじ:カサゴ(17cm)×1、ベラ類×たくさんorz、ギンポ(25cm)×1、キジハタ(25cm)×1

結構釣れて楽しかったな♪ 息子も初めてのテトラ穴釣りは大満足のようでした。

ま、穴釣りでボウズだったら釣り引退だけどな(笑)。

今日は電車・バスでの釣行でした。京急バスがGW期間中、大人ひとりにつき、同伴する小学生がひとり無料ということでしたので利用しました。

電車釣行の最大のメリットである【酒飲みながら】が、さすがにテトラポッドを一日歩く釣りでは危険すぎて、一滴も呑まずの釣行でした。アル中おやじにはチト物足りなかったかな?(笑)

IMG_20170430_194003.jpg
キジハタ、改めて見るといいサイズだな~♪

IMG_20170430_195123.jpg
刺身にしようかとも思いましたが、やはりここは定番の煮つけで!! 鍋の直径ギリギリw

IMG_20170430_204108.jpg
あひ~、うめぇ!!

IMG_20170430_204124.jpg
その他の獲物は唐揚げで。カサゴは頭から骨までワシワシと、娘も息子も食らいついていました。

ガキおやじは昼間呑めなかった分、しこたま呑みましたとさw

久々の釣行、やっぱり楽しいね~♪
2017.03.12 小物淡水対決

2017年3月11日、少年野球の練習が午前中だけだったので、午後から息子と二人で大和市・泉の森公園の中にある池で小物釣り対決。

IMG_20170311_135000.jpg
鵜が数羽魚を狙っています。こういう日は小魚は全くダメだろうな~・・・。

IMG_20170311_141321.jpg IMG_20170311_141230.jpg
案の定、アタリも何にもなし。。。

それよりもショックだったのが、数メートル先のウキが見えないことだった・・・あぁ~、トシはとりたくねぇな~・・・。


2016年9月17日(土)、ガキおやじがAチームのコーチを務める少年野球チームが、Aチームのみ奇跡的に休みになったため、息子と江ノ島へウキ釣りに出掛けました。

今年2月に、息子を初めて磯に乗せ、ウキ釣りデビューをさせましたが、残念ながらボウズだったので、リベンジを誓い、今回も朝5時半に表磯に到着したものの、大潮の満潮で磯は水を被っていて、とても上がれる状態ではなく、仕方なく湘南大堤防で本部設営。

息子の仕掛けは、3.6mの2号サビキロッドにナイロン3号の道糸に極小棒ウキをゴム管で固定。針はウミタナゴ4号、ハリス0.8号。ウキ下1.5〜2m付近を狙います。

ガキおやじの仕掛けは、5.3mの1号磯竿にナイロン3号の道糸、遊動式自立メジナフカセウキ0号と水中ウキ-6Gをつけ、針は伊勢尼5号にフロロハリス1.5号を2m。4m以深のエリアを攻めます。


コマセを撒くと水面が沸騰状態になるほど、小メジナがウジャウジャいます! 今日は期待できるかも?


最初にヒットしたのはガキおやじ。意外にも上がって来たのは良いサイズのサバでした。久しぶりだな~、ヒットしたサバが横に走る感触(^o^)v

IMG_20160917_073234.jpg
その直後、シマダイが立て続けにヒット。このサイズでもグイグイ竿先を絞ってくれるので、釣る分には楽しいやつです。

メジナは相変わらず、コマセ打つたびに表層付近でボイル状態なのですが、なかなかかかりません。周りの釣り師たちも苦戦しています。息子はまだノーホーラ(^o^;

IMG_20160917_101122.jpg
9時を越え、ムチャクチャ暑くなってきました(>_<) とりあえずカップラーメンをば。あぁ、ビール飲みてぇなぁ。

さて、時計の針は11時を回ったくらい。メジナは肉眼でも数千匹確認できますが、相変わらずさっぱり釣れない。常連と思しきおっさん3人組も、これだけいるのにちっとも食いが立って来ないとお手上げ状態。

息子も、

『ウキ釣りは難しくてダメだ・・・』

と、あきらめムード漂う頃、ヤツは勝負に出ます。

ウキ下を10cmまで上げ、表層のボイルをダイレクトに狙う作戦に出ます(笑)。

するとどうでしょう・・・

IMG_20160917_115458.jpg
ど~ん!!
上がってきたのは20cmオーバーのメジナでした。ウミタナゴ針4号+0.8号のハリスでよくぞぶっこ抜いてくれました!!

IMG_20160917_115551.jpg
丸々太ったずっしりサイズ。刺身一確(嬉)。息子、人生初のメジナです。

その後、正午過ぎまで、立て続けにメジナをヒットさせます。干潮が11時過ぎでしたので、再び上げ始めた直後にゴールデンタイムが訪れました。

常連3人組にもヒットラッシュ。3人で1時間で30匹は釣ったんじゃないかな? それも、みんなサイズがいいのばかり。この常連は、コマセも食わせも同じものを使っていました。

『ネリックス』。いわゆる練餌。ネリックスを潰したものをコマセとして少量打ち、針にはネリックスの玉をそのままつけてやっていました。エサ取り対策だと言っていましたが、地場には地場の秘策があるということだね。脱帽!

IMG_20160917_133707.jpg
終わってみれば、まあまあの釣果。メジナの型がそこそこそろったのが良かったね。

息子も、メジナの引き味はハゼやシロギスのちょい投げ釣りとは比較にならないほど楽しいと、今後はウキ師に転向したいようです、ぎゃはは!!

っていうか、そういうことは、自分で仕掛け作れるようになってから言うんだな!!(笑)
2016年2月6日(土)、ガキおやじはちょうど一年振り、息子に至っては2014年8月以来、実に一年半振りに釣りに行って来ました。


息子の磯デビューは江ノ島表磯。日の出とともに釣り開始です。


息子の仕掛けはオーソドックスに、ゴム管固定の玉ウキ仕掛け。軽い仕掛けは投げづらく、何度も仕掛けをメチャクチャに絡ませてしまいましたが、一時間もするとすっかりなれたようです。


月齢27、新月前の中潮最終日と、潮周りは良かったのですが、ご覧の通りのベタ凪。水も澄み切っていました。イヤな予感^_^;


息子、意外とサマになってるんだけどねぇ。アタリひとつありません。父ちゃんにも全くアタリはありませんでした。


結局、釣りなんかどうでも良くなってしまいました。


タイドプールに取り残されたハゼやキタマクラすら釣れず終戦・・・。

【RESULTS】
二人して丸ボウズ(/_;)


島内を散歩してトボトボお帰りとなりました。

今日は周りも誰一人釣れていませんでした。

地元のオッサン曰く『前日サメでも入ってきたんじゃねえかねぇ?』と、完全白旗状態でした。

ただ、息子は『堤防の数倍楽しい!!』と言ってました。釣れない時間、タイドプールでカニや貝などを探して遊べるかららしい。

近日再戦を誓い、息子の磯デビュー戦は幕を閉じたのでありました。くそ~っ!!(¯―¯٥)
2015.02.08 2015年初釣り
ようやく、2015年の初釣りを敢行いたしました(^o^;

2015年2月7日(土)、奇跡的に少年野球の練習が休みとなり、チタン君と福浦南岸壁にキスを狙いに行ってきました。

AM4:30、いつもの如くチタン君の白タクがガキおやじ家着。ガキおやじの自宅周辺は、気温も低くなく、風もなく、今日は穏やかにキス狙いできるかな~、天気予報も『絶好のお出かけ日和』って言ってたし(^O^)

と思っていたのもつかの間、白タクのラジオから流れてきたサーフィン情報に愕然。。。

『三浦半島は北西の風8m』・・・ぬわぬぅい? はちめーとる???

気象庁ふざけんなよ。。。

10965713_782545948466952_1161842328_n (800x600)
AM5:30現着。土日はこの時間でも人がいっぱいいる人気の福浦ですが、さすがにほとんど誰もいない状態。この季節、夜釣り明け組もゼロ。朝まずめ狙いのジギンガーがテトラポットの上に数名乗っている程度。

風は・・・うわぁぁぁ、冷たい北風がびゅんびゅん吹いてやがる・・・。。。せっかく釣り座は殆ど独り占めできる状態だってのに、へたれガキおやじは早くも戦意喪失(笑)。

10956636_782545931800287_1309061931_n (800x600)
空が白んできた。日が昇れば暖かくなってくるかな? いそいそと仕掛けを準備し、釣りスタート。

ガキおやじはマジ投げ仕掛け1本と、足元に胴突き仕掛けを1本。エサは青イソメ100g、チタン君はまずはテトラポットの上からジギングでスタート。

10962170_782545895133624_338518311_n (800x600)
日が昇ってきました。風は相変わらず強めですが、なんとか晴れてくれそうです。頭ん中、全日本吹奏楽コンクール 1982年度課題曲D 岩河三郎作曲『サンライズ・マーチ』がぐるぐる回っています(笑)。釣りしながらこんな曲を歌っているのはきっと世界で俺ひとり(^O^)

10984843_782545718466975_545084923_n (800x600)
さてさて、釣り開始わずか5分。ガキおやじの胴突き仕掛けに激しいアタリが!! 小さいながら、から揚げサイズのカサゴ。久しぶりにカサゴ釣ったな♪

1899182_782545918466955_709645795_n (800x600)
その後ガキおやじのマジ投げ仕掛けにコッパカレイが2枚かかります。しかし小さいなぁ、ま、これもカサゴと一緒にから揚げだな。

しかし、日が昇ってからは雲が厚くかかり、全く気温が上がりません。士気も上がりません。チタン君は開始1時間すぎてもまだ焼き鳥が消えません。二言目には気象庁のデクノボー!!と恨み節(爆)。

気分転換と寒さ対策で、チタン君が『BROOKSコーヒー』を入れてくれました♪ ブルックスコーヒーは簡単でうまいね、インスタントとはやっぱ全然違うな。

10968141_782545875133626_1593995800_n (800x600)
午前8時を回ったころ、時合いが来たようで、まずはチタン君に本命のシロギスが3本立て続けにヒット!! ガキおやじにも1本ヒットします!!

さぁ、今日の反省会はシロギス尽くしかねぇ? なんて言ってたら、時合いは一瞬で消え去りました。。。

気象庁のせいだ!!(笑)

【RESULTS】
チタン・・・シロギス×3
ガキおやじ・・・カレイ×2、カサゴ×1、シロギス×1
10961715_782545765133637_1346311460_n (800x600)
いやぁ・・・しぶちんだったな~。。。

正午前に撤収!! 結局【どこがお出かけ日和なんだ!!】って感じだったよ。雲に邪魔されてほとんど陽は出なかったからな。風もやまなかったし。

そんな空の下、ラジオの天気予報でも【神奈川県内は晴れ間が広がっており、小春日和となっています、絶好のお出かけ日和でしょう】とか吐かしている。

ははは、もはや現況も把握できなくなっているらしい。

10968069_782545728466974_859620029_n (800x600)
現場近くのお風呂で生き返る♪ ここは、横浜市金沢区のゴミ焼却場【リネツ金沢】。焼却時の排熱を利用した温水プールと大浴場の施設です。【利熱金沢】ってことね。風呂だけだと大人600円です。釣り場からめちゃ近く、今後はここがいいかな。

その後はいつもどおりチタン君の家で大反省会。

実はチタン君、自宅をぶっ壊して建て替えたんす。昨年12月に建物が完成し、新居暮らしをスタートさせています。ガキおやじは親類以外の初来客だったそうです。徹底的にデッドスペースを排除するようにこだわった造りになっていた。収納スペースがものすごくたくさんあり、理想の家だったね。

さらにチタン君の長男が、早々に高校の推薦入試の合格を勝ち取り、公立高校の入試前に受験戦争から解放されたようで、残りわずかな中学生生活を満喫しているところでした。ガキおやじとプロレスネタで盛り上がり、you tubeの動画を一緒に見てました。長女はインフルエンザで一週間学校を休んでいたようですが、元気になり一緒にお好み焼きを食べました。

で、またどれだけ飲んだかわからないくらい飲んで、気が付いたら自宅の布団で寝ていました。

今回は失神テレポートがバッチリ決まったみたい(^O^;
体調が優れず、11/10、11、12と、会社を休んだにもかかわらず、それも、点滴を2回受けるほどの重症だったのにもかかわらず、バカおやじは久々にチタン君と釣りに行ってきました♪

今年は休日の殆どを少年野球のコーチに充てていたガキおやじ。8月以来の釣行です。

11/15(土)、AM4:30に、ポンコツ度合いに拍車の掛かった国宝級のチタンタクシーがガキおやじの家に到着。一路福浦岸壁を目指します。


AM5:30現着。ガキおやじの構想では、フルキャストでカレイを、足元に胴突きちょい投げ竿を投入し、アイナメ、カサゴを狙うべく、竿は2本準備。

・・・しかし、胴突き用のタックルをゴッソリ忘れてきちまった(^-^;

というわけで、マジ投げ一本で勝負です。

チタン君はマジ投げ、ちょい投げ、タコ狙いのスッテ仕掛けの3本竿です。

餌は極太青イソメ。チタン君80g、ガキおやじ100g。


幸先よく、ガキおやじに良型のシロギスがヒット! タバコの箱の長辺が約10cmだから、15cmってところ。

この時期でも陸っぱりでシロギスが釣れるのは嬉しい♪

丸セイゴ14号のカレイ仕掛けの針を丸飲みにする大胆不敵ちゃん(^○^)

その後もポンポンとシロギス3連発。今日はシロギス祭りかな?

さて、チタン君は苦戦中。開始から1時間以上経っても焼鳥(麻雀用語。一度もあがりがない状態)から抜け出せません。

暫くすると、『本命ヒット!!』とチタン君の雄叫び。

お~、ついにカレイか! やるね~!

と確認に行くと、そこには驚きの光景が。


ナノカレイ、いや、ピコカレイ(笑)。

ガキおやじが今まで見たカレイの中で間違いなく最小サイズです。ある意味、ザブトンカレイをあげるより難しいね。

10時を過ぎ、チタン君は寝てしまいました。ガキおやじは黙々とキャストを続けています。

するとガキおやじにも、


手のひらサイズのマイクロカレイが掛かりました(^-^;

シロギスと思しきアタリはひっきりなしに来ています。しかし、シロギス一本に狙いをシフト出来ません。

何故なら、針を丸セイゴ14号と流線11号しか持ってなかったから(^-^;

それに、朝7時頃、すぐ横で投げていた人に、30cm級のカレイが掛かったのを目撃しちまったからな。カレイへのスケベ心を捨てきれず、餌のタラシも何とも中途半端な長さ。タラシの部分をシロギスに好き放題やられている。

結局正午まで、シロギスに完全に遊ばれたままタイムアップ。



【RESULTS】
チタン・・・シロギス3、ピコカレイ1
ガキおやじ・・・シロギス5、マイクロカレイ1
※ほか、雑魚多数。

シロギスのサイズが良かったのでかなり満足! 写真一番上のシロギスは20cmオーバー(チタン君の獲物)でした。

小物用の仕掛けを持っていれば間違いなくシロギス祭りになってたよ(>_<)


釣りの後は恒例のお風呂♪

金沢文庫の『能見堂 赤井温泉』。入湯料470円。食事も出来ます! 

ここに来るために福浦で釣りしていると言っても過言ではないね。

体を洗い、生き返る。真夏の釣りではなかなかこうは行かない。風呂上がりの瞬間、汗が吹き出てくる。

風呂は、厳寒期の釣りのあと、芯まで冷えて命からがら駆け込むのが正しいあり方だね♪

さて、お風呂の後は例によってチタン君の家で狂宴。

実はチタン君、現在自宅を建て替え中。近くの高層マンションの14階で仮住まいしている。どんな汚い手を使ったか知らないが、3LDKで家賃5万円、共益費貸し主持ちという、ヤクザ張りの好条件で3か月ほど過ごしている。

有期契約ならではの買い手市場か?

15時頃から22時まで、飲んで飲んで飲みまくった(^○^)

缶ビールロング缶2本のあと、キリン『本絞り』を10本以上飲んだかね~?

獲物はチタン君の好意で、ガキおやじが全ていただきました。

前後不覚で失神テレポートをキメるはずだったけど、よもやの小田急が人身事故で止まっていたため、横浜市営地下鉄湘南台駅まで行き、そこから家まで1時間以上歩くハメになりました。

ま、酔っ払いは、どれだけ歩こうが疲れないからいいんだけどね(^-^;


翌日、獲物は天丼にしていただきました。カボチャ、ナス、マイタケの天ぷらを加え、賑やかなシロギス天丼になったよ。

久々の釣りはなかなかの満足度でありました!