2017.03.12 小物淡水対決

2017年3月11日、少年野球の練習が午前中だけだったので、午後から息子と二人で大和市・泉の森公園の中にある池で小物釣り対決。

IMG_20170311_135000.jpg
鵜が数羽魚を狙っています。こういう日は小魚は全くダメだろうな~・・・。

IMG_20170311_141321.jpg IMG_20170311_141230.jpg
案の定、アタリも何にもなし。。。

それよりもショックだったのが、数メートル先のウキが見えないことだった・・・あぁ~、トシはとりたくねぇな~・・・。


2016年9月17日(土)、ガキおやじがAチームのコーチを務める少年野球チームが、Aチームのみ奇跡的に休みになったため、息子と江ノ島へウキ釣りに出掛けました。

今年2月に、息子を初めて磯に乗せ、ウキ釣りデビューをさせましたが、残念ながらボウズだったので、リベンジを誓い、今回も朝5時半に表磯に到着したものの、大潮の満潮で磯は水を被っていて、とても上がれる状態ではなく、仕方なく湘南大堤防で本部設営。

息子の仕掛けは、3.6mの2号サビキロッドにナイロン3号の道糸に極小棒ウキをゴム管で固定。針はウミタナゴ4号、ハリス0.8号。ウキ下1.5〜2m付近を狙います。

ガキおやじの仕掛けは、5.3mの1号磯竿にナイロン3号の道糸、遊動式自立メジナフカセウキ0号と水中ウキ-6Gをつけ、針は伊勢尼5号にフロロハリス1.5号を2m。4m以深のエリアを攻めます。


コマセを撒くと水面が沸騰状態になるほど、小メジナがウジャウジャいます! 今日は期待できるかも?


最初にヒットしたのはガキおやじ。意外にも上がって来たのは良いサイズのサバでした。久しぶりだな~、ヒットしたサバが横に走る感触(^o^)v

IMG_20160917_073234.jpg
その直後、シマダイが立て続けにヒット。このサイズでもグイグイ竿先を絞ってくれるので、釣る分には楽しいやつです。

メジナは相変わらず、コマセ打つたびに表層付近でボイル状態なのですが、なかなかかかりません。周りの釣り師たちも苦戦しています。息子はまだノーホーラ(^o^;

IMG_20160917_101122.jpg
9時を越え、ムチャクチャ暑くなってきました(>_<) とりあえずカップラーメンをば。あぁ、ビール飲みてぇなぁ。

さて、時計の針は11時を回ったくらい。メジナは肉眼でも数千匹確認できますが、相変わらずさっぱり釣れない。常連と思しきおっさん3人組も、これだけいるのにちっとも食いが立って来ないとお手上げ状態。

息子も、

『ウキ釣りは難しくてダメだ・・・』

と、あきらめムード漂う頃、ヤツは勝負に出ます。

ウキ下を10cmまで上げ、表層のボイルをダイレクトに狙う作戦に出ます(笑)。

するとどうでしょう・・・

IMG_20160917_115458.jpg
ど~ん!!
上がってきたのは20cmオーバーのメジナでした。ウミタナゴ針4号+0.8号のハリスでよくぞぶっこ抜いてくれました!!

IMG_20160917_115551.jpg
丸々太ったずっしりサイズ。刺身一確(嬉)。息子、人生初のメジナです。

その後、正午過ぎまで、立て続けにメジナをヒットさせます。干潮が11時過ぎでしたので、再び上げ始めた直後にゴールデンタイムが訪れました。

常連3人組にもヒットラッシュ。3人で1時間で30匹は釣ったんじゃないかな? それも、みんなサイズがいいのばかり。この常連は、コマセも食わせも同じものを使っていました。

『ネリックス』。いわゆる練餌。ネリックスを潰したものをコマセとして少量打ち、針にはネリックスの玉をそのままつけてやっていました。エサ取り対策だと言っていましたが、地場には地場の秘策があるということだね。脱帽!

IMG_20160917_133707.jpg
終わってみれば、まあまあの釣果。メジナの型がそこそこそろったのが良かったね。

息子も、メジナの引き味はハゼやシロギスのちょい投げ釣りとは比較にならないほど楽しいと、今後はウキ師に転向したいようです、ぎゃはは!!

っていうか、そういうことは、自分で仕掛け作れるようになってから言うんだな!!(笑)
2016年2月6日(土)、ガキおやじはちょうど一年振り、息子に至っては2014年8月以来、実に一年半振りに釣りに行って来ました。


息子の磯デビューは江ノ島表磯。日の出とともに釣り開始です。


息子の仕掛けはオーソドックスに、ゴム管固定の玉ウキ仕掛け。軽い仕掛けは投げづらく、何度も仕掛けをメチャクチャに絡ませてしまいましたが、一時間もするとすっかりなれたようです。


月齢27、新月前の中潮最終日と、潮周りは良かったのですが、ご覧の通りのベタ凪。水も澄み切っていました。イヤな予感^_^;


息子、意外とサマになってるんだけどねぇ。アタリひとつありません。父ちゃんにも全くアタリはありませんでした。


結局、釣りなんかどうでも良くなってしまいました。


タイドプールに取り残されたハゼやキタマクラすら釣れず終戦・・・。

【RESULTS】
二人して丸ボウズ(/_;)


島内を散歩してトボトボお帰りとなりました。

今日は周りも誰一人釣れていませんでした。

地元のオッサン曰く『前日サメでも入ってきたんじゃねえかねぇ?』と、完全白旗状態でした。

ただ、息子は『堤防の数倍楽しい!!』と言ってました。釣れない時間、タイドプールでカニや貝などを探して遊べるかららしい。

近日再戦を誓い、息子の磯デビュー戦は幕を閉じたのでありました。くそ~っ!!(¯―¯٥)
2015.02.08 2015年初釣り
ようやく、2015年の初釣りを敢行いたしました(^o^;

2015年2月7日(土)、奇跡的に少年野球の練習が休みとなり、チタン君と福浦南岸壁にキスを狙いに行ってきました。

AM4:30、いつもの如くチタン君の白タクがガキおやじ家着。ガキおやじの自宅周辺は、気温も低くなく、風もなく、今日は穏やかにキス狙いできるかな~、天気予報も『絶好のお出かけ日和』って言ってたし(^O^)

と思っていたのもつかの間、白タクのラジオから流れてきたサーフィン情報に愕然。。。

『三浦半島は北西の風8m』・・・ぬわぬぅい? はちめーとる???

気象庁ふざけんなよ。。。

10965713_782545948466952_1161842328_n (800x600)
AM5:30現着。土日はこの時間でも人がいっぱいいる人気の福浦ですが、さすがにほとんど誰もいない状態。この季節、夜釣り明け組もゼロ。朝まずめ狙いのジギンガーがテトラポットの上に数名乗っている程度。

風は・・・うわぁぁぁ、冷たい北風がびゅんびゅん吹いてやがる・・・。。。せっかく釣り座は殆ど独り占めできる状態だってのに、へたれガキおやじは早くも戦意喪失(笑)。

10956636_782545931800287_1309061931_n (800x600)
空が白んできた。日が昇れば暖かくなってくるかな? いそいそと仕掛けを準備し、釣りスタート。

ガキおやじはマジ投げ仕掛け1本と、足元に胴突き仕掛けを1本。エサは青イソメ100g、チタン君はまずはテトラポットの上からジギングでスタート。

10962170_782545895133624_338518311_n (800x600)
日が昇ってきました。風は相変わらず強めですが、なんとか晴れてくれそうです。頭ん中、全日本吹奏楽コンクール 1982年度課題曲D 岩河三郎作曲『サンライズ・マーチ』がぐるぐる回っています(笑)。釣りしながらこんな曲を歌っているのはきっと世界で俺ひとり(^O^)

10984843_782545718466975_545084923_n (800x600)
さてさて、釣り開始わずか5分。ガキおやじの胴突き仕掛けに激しいアタリが!! 小さいながら、から揚げサイズのカサゴ。久しぶりにカサゴ釣ったな♪

1899182_782545918466955_709645795_n (800x600)
その後ガキおやじのマジ投げ仕掛けにコッパカレイが2枚かかります。しかし小さいなぁ、ま、これもカサゴと一緒にから揚げだな。

しかし、日が昇ってからは雲が厚くかかり、全く気温が上がりません。士気も上がりません。チタン君は開始1時間すぎてもまだ焼き鳥が消えません。二言目には気象庁のデクノボー!!と恨み節(爆)。

気分転換と寒さ対策で、チタン君が『BROOKSコーヒー』を入れてくれました♪ ブルックスコーヒーは簡単でうまいね、インスタントとはやっぱ全然違うな。

10968141_782545875133626_1593995800_n (800x600)
午前8時を回ったころ、時合いが来たようで、まずはチタン君に本命のシロギスが3本立て続けにヒット!! ガキおやじにも1本ヒットします!!

さぁ、今日の反省会はシロギス尽くしかねぇ? なんて言ってたら、時合いは一瞬で消え去りました。。。

気象庁のせいだ!!(笑)

【RESULTS】
チタン・・・シロギス×3
ガキおやじ・・・カレイ×2、カサゴ×1、シロギス×1
10961715_782545765133637_1346311460_n (800x600)
いやぁ・・・しぶちんだったな~。。。

正午前に撤収!! 結局【どこがお出かけ日和なんだ!!】って感じだったよ。雲に邪魔されてほとんど陽は出なかったからな。風もやまなかったし。

そんな空の下、ラジオの天気予報でも【神奈川県内は晴れ間が広がっており、小春日和となっています、絶好のお出かけ日和でしょう】とか吐かしている。

ははは、もはや現況も把握できなくなっているらしい。

10968069_782545728466974_859620029_n (800x600)
現場近くのお風呂で生き返る♪ ここは、横浜市金沢区のゴミ焼却場【リネツ金沢】。焼却時の排熱を利用した温水プールと大浴場の施設です。【利熱金沢】ってことね。風呂だけだと大人600円です。釣り場からめちゃ近く、今後はここがいいかな。

その後はいつもどおりチタン君の家で大反省会。

実はチタン君、自宅をぶっ壊して建て替えたんす。昨年12月に建物が完成し、新居暮らしをスタートさせています。ガキおやじは親類以外の初来客だったそうです。徹底的にデッドスペースを排除するようにこだわった造りになっていた。収納スペースがものすごくたくさんあり、理想の家だったね。

さらにチタン君の長男が、早々に高校の推薦入試の合格を勝ち取り、公立高校の入試前に受験戦争から解放されたようで、残りわずかな中学生生活を満喫しているところでした。ガキおやじとプロレスネタで盛り上がり、you tubeの動画を一緒に見てました。長女はインフルエンザで一週間学校を休んでいたようですが、元気になり一緒にお好み焼きを食べました。

で、またどれだけ飲んだかわからないくらい飲んで、気が付いたら自宅の布団で寝ていました。

今回は失神テレポートがバッチリ決まったみたい(^O^;
体調が優れず、11/10、11、12と、会社を休んだにもかかわらず、それも、点滴を2回受けるほどの重症だったのにもかかわらず、バカおやじは久々にチタン君と釣りに行ってきました♪

今年は休日の殆どを少年野球のコーチに充てていたガキおやじ。8月以来の釣行です。

11/15(土)、AM4:30に、ポンコツ度合いに拍車の掛かった国宝級のチタンタクシーがガキおやじの家に到着。一路福浦岸壁を目指します。


AM5:30現着。ガキおやじの構想では、フルキャストでカレイを、足元に胴突きちょい投げ竿を投入し、アイナメ、カサゴを狙うべく、竿は2本準備。

・・・しかし、胴突き用のタックルをゴッソリ忘れてきちまった(^-^;

というわけで、マジ投げ一本で勝負です。

チタン君はマジ投げ、ちょい投げ、タコ狙いのスッテ仕掛けの3本竿です。

餌は極太青イソメ。チタン君80g、ガキおやじ100g。


幸先よく、ガキおやじに良型のシロギスがヒット! タバコの箱の長辺が約10cmだから、15cmってところ。

この時期でも陸っぱりでシロギスが釣れるのは嬉しい♪

丸セイゴ14号のカレイ仕掛けの針を丸飲みにする大胆不敵ちゃん(^○^)

その後もポンポンとシロギス3連発。今日はシロギス祭りかな?

さて、チタン君は苦戦中。開始から1時間以上経っても焼鳥(麻雀用語。一度もあがりがない状態)から抜け出せません。

暫くすると、『本命ヒット!!』とチタン君の雄叫び。

お~、ついにカレイか! やるね~!

と確認に行くと、そこには驚きの光景が。


ナノカレイ、いや、ピコカレイ(笑)。

ガキおやじが今まで見たカレイの中で間違いなく最小サイズです。ある意味、ザブトンカレイをあげるより難しいね。

10時を過ぎ、チタン君は寝てしまいました。ガキおやじは黙々とキャストを続けています。

するとガキおやじにも、


手のひらサイズのマイクロカレイが掛かりました(^-^;

シロギスと思しきアタリはひっきりなしに来ています。しかし、シロギス一本に狙いをシフト出来ません。

何故なら、針を丸セイゴ14号と流線11号しか持ってなかったから(^-^;

それに、朝7時頃、すぐ横で投げていた人に、30cm級のカレイが掛かったのを目撃しちまったからな。カレイへのスケベ心を捨てきれず、餌のタラシも何とも中途半端な長さ。タラシの部分をシロギスに好き放題やられている。

結局正午まで、シロギスに完全に遊ばれたままタイムアップ。



【RESULTS】
チタン・・・シロギス3、ピコカレイ1
ガキおやじ・・・シロギス5、マイクロカレイ1
※ほか、雑魚多数。

シロギスのサイズが良かったのでかなり満足! 写真一番上のシロギスは20cmオーバー(チタン君の獲物)でした。

小物用の仕掛けを持っていれば間違いなくシロギス祭りになってたよ(>_<)


釣りの後は恒例のお風呂♪

金沢文庫の『能見堂 赤井温泉』。入湯料470円。食事も出来ます! 

ここに来るために福浦で釣りしていると言っても過言ではないね。

体を洗い、生き返る。真夏の釣りではなかなかこうは行かない。風呂上がりの瞬間、汗が吹き出てくる。

風呂は、厳寒期の釣りのあと、芯まで冷えて命からがら駆け込むのが正しいあり方だね♪

さて、お風呂の後は例によってチタン君の家で狂宴。

実はチタン君、現在自宅を建て替え中。近くの高層マンションの14階で仮住まいしている。どんな汚い手を使ったか知らないが、3LDKで家賃5万円、共益費貸し主持ちという、ヤクザ張りの好条件で3か月ほど過ごしている。

有期契約ならではの買い手市場か?

15時頃から22時まで、飲んで飲んで飲みまくった(^○^)

缶ビールロング缶2本のあと、キリン『本絞り』を10本以上飲んだかね~?

獲物はチタン君の好意で、ガキおやじが全ていただきました。

前後不覚で失神テレポートをキメるはずだったけど、よもやの小田急が人身事故で止まっていたため、横浜市営地下鉄湘南台駅まで行き、そこから家まで1時間以上歩くハメになりました。

ま、酔っ払いは、どれだけ歩こうが疲れないからいいんだけどね(^-^;


翌日、獲物は天丼にしていただきました。カボチャ、ナス、マイタケの天ぷらを加え、賑やかなシロギス天丼になったよ。

久々の釣りはなかなかの満足度でありました!
2014年8月24日(日)、息子の野球チームの練習が奇跡の休みとなったため、2014年2度目の釣行(クビだな)に行ってきました。

子連れ釣行としては昨年9月以来、実に11ヶ月ぶりとなります。

今回は息子の希望で、サバを釣りたいということだったので、片瀬漁港でガキおやじが嫌いなサビキ釣りをすることに。

朝4:00に起き、小田急江ノ島線の始発に乗り、片瀬漁港へ。


↑6:00スタート。富士山を正面に見ながら、久々の釣りです!

釣り餌屋のオヤジ曰く、今年はサバが大当りとのこと。7月から数日おきにお祭り騒ぎになっている、最後のサバ祭りは20日の水曜日だったとのこと。期待が高まります!


↑一投目からシマダイがかかります。あまり良いスタートではありません。

青物の接岸は正直ギャンブル。しかし、必ず最初はマイクロサイズの小魚の群れが来ます。それを追いかけて、他のフィッシュイーターが接岸します。

しかし、足元にシマダイが居ては、小魚が寄って来ません。


↑釣っても釣ってもシマダイ。ん~、参ったな(>_<)

ちょい投げ師は玉砕、大遠投のキス師があげてくるシロギスは、まだ5~10cm程度。まるで死んでました。

不思議なのが、ヒイラギが一匹も釣れないこと。やっぱりこの夏は異常気象なのかね~。

ガキおやじにはボラが2回掛かるも、上げられるはずもなく、2回とも仕掛けを切られました。

ヤバイ、このままシマダイのみで終わってしまうのか?

すると息子がミラクルドカンをかましやがります!!

息子はボラだと言っていましたが、竿の動き方が明らかに違います。ボラや青物の場合は、竿先が左右に大きく振れるのに対し、息子の竿先は下に下にと絞られてます。

まさかクロダイか?


↑ど~ん!!

まさかのシマイサキ!


↑なんと27cm。釣り堀の鯉を除き、間違いなく息子の人生最大の大物です♪

サイコーにテンションが上がったところで納竿。

【RESULTS】
ガキおやじ・・・シマダイ5(リリース)
息子・・・シマダイ3(リリース)、シマイサキ1(27cm)

ぎゃはは!! またもやガキおやじは大敗を喫しました┐('~`;)┌


↑納竿後は江ノ島を散歩して帰宅。


↑シマイサキは刺身にしていただきました! 妻が絶賛していました♪

あ~、久々の釣りはメチャクチャ疲れたけど、息子には忘れられない一日になりました♪
いよいよガキおやじの2014年テキトー釣り道神奈川場所初日です。

はい、釣れない釣り師がいよいよ土俵入りですよ~。

AM4:30自宅発
↑2/1(土)、チタン君のタクシーがAM4:30にガキおやじの自宅へ。いつもいつもスマンねぇ。おはようっす!!

初場所の舞台は横浜市金沢区・福浦岸壁北部。福浦橋付近にベースを張ります。

AM5:30 現場着。久々に日の出前からの釣り開始です。
↑朝間詰めのサイコーの時合に準備完了。ガキおやじは100m越えのサーフロッドと、胴突きちょい投げ仕掛けの2本。チタン君はマジ投げと胴突きちょい投げを投入しておき、他にソフトルアーとタコテンヤとブラクリ・・・あらゆる状況を想定した4本竿マルチタックルです。

エサは青イソ一本!! ガキおやじ100g、チタン君30g(少ねぇって!!)でスタート。

おーし、敵将はビール瓶アイナメ、副将は鰈じゃ、いざ、キャスト~!!

無風。気温もこの時期にしては高めで、寒さは全く感じません。 福浦岸壁からの朝日。今まで何十回も見ているけど、いつもしばし見とれてしまいます。
↑ほどなくして福浦の海辺に朝日が昇ってきました。しばし手を止め、美しさに息を呑みます。

最初にチタン君に上がってきたのは、激おこプンプン丸のスレ掛け(笑)
↑さて、2014年最初のヒットはチタン君。残念ながら、激おこぷんぷん丸のスレ掛け(笑)。ポイッ!!

それにしてもいいお天気。海はペッたべたの凪。 ヒヨドリも日向ぼっこにやってきました。
↑んー、それにしても良いお天気。無風・ベタ凪・ぽかぽか・・・。ヒヨドリも日向ぼっこに訪れます。早馬の蹄音も、忍びの気配も、敵軍の存在を感じられるものはな~んにもない。。。『凪倒れ』というらしい。巌流島で待たされる佐々木小次郎の気分だ(笑)。

チタン君、タコスッテ仕掛けでイイダコをゲット。
↑マジ投げ、胴突きちょい投げを捨てたチタン君、タコスッテでようやくイイダコを一杯ゲットします。

ガキおやじにも大型のイイダコがヒット!!
↑ほどなくして、ガキおやじのマジ投げ仕掛けにもイイダコがかかります。コレは大きい!!

水際に降りて探り釣りしていたチタン君、ナノメバルをゲット。リリース。
↑潮が引いたので、テトラ帯から岸壁下に降り、簡易ブラクリで探り釣りしているチタン君、ナノメバルを2匹ゲットします。しかし、サイズが小さいのでポイッ!! おーい、その辺の足元にビール瓶転がってないか???

チタン君、しばらく探り歩きますが、ギブアップして上がって来ました。と思いきや、芝の上で気持ちよさそうに眠っています(笑)。ホント、ぽかぽかだし、昼寝にはちょうどいいよなぁ・・・。俺も寝ちゃおかな?

マーチングバンドの女の子たちが練習しています。
↑平和すぎて釣りになりません・・・今日の福浦は意外と空いていましたが、それでも数メートルおきに竿が並べられています。しかし、投げ師も、フカセ師も落とし込み師も、誰一人成果を上げているものはいません。ガキおやじは、釣り座の背後の広場でステージドリルの練習をしている女の子たちをぼーっと眺めています。

・・・正午になり、ちょうどエサが尽きました。

全軍撤収~!!

結局敵軍は我々の軍勢の前に恐れをなし、敵前逃亡をかましやがったようです。敵軍は現れず(>_<)

【RESULTS】
チタン・・・イイダコ1、フグ1(リリース)、メバル2(リリース)
ガキおやじ・・・イイダコ2 No Fish

釣れないときの打開策? 魚がいねぇんだもん、打開策なんかねぇよ。あきらめて昼酒飲むのが一番!!

ってことで、例によってチタン邸へ。今年度もお世話になります~♪

塩サバ
↑塩サバ・アットマート八景島店謹製。

アジフライ
↑アジフライ・アットマート八景島店謹製。

マイカから揚げ
↑真イカから揚げ・アットマート八景島店謹製。

イナダの刺身
↑イナダの刺身・アットマート八景島店謹製。

鶏ハツの生姜焼き
↑鶏ハツの生姜焼き・チタン君謹製。

釣れないときは無理をせず、つまみを買って酒飲むの。コレがストレスをためないサイコーの方法ね(^o^)v

今回、酒は怒涛の熱燗!! 下関酒造謹製【関娘・大吟醸】。これは危ない(笑)。超芳醇で、クイクイ行ってしまう。『鬼ころし』よりも鬼を殺す潜在能力があるな(笑)。

14:00頃から飲み始め、18:00にはガキおやじがぶっつぶれました。JR逗子駅まで、チタン君の嫁さんに車で送ってもらってしまった。。。よっちゃん、ゴメンネ~!!

で、電車に乗ってから、奇跡的に正気に戻ったガキおやじ、無事に見事なテレポートを決め、帰宅後にイイダコを調理するという余裕をカマしました。

イイダコはこれが一番うまい!!
↑チタン君が釣った一杯も結局我が家のガキにといただいてしまいました。チタン君、アンガトね~!! 絶品の煮タコ!!

口の中を墨で真っ黒にしながら大喜びの娘
↑結局妻と子供たちの口に入りました。。。子供たち、口の中真っ黒にして大喜びでした。

う~・・・福浦恐るべし~
お約束の黒星スタートです(^o^;
2013.12.30 終戦2013・・・
12/29(日)、2013年の最後を飾る釣行へ。

今シーズンは一年間全く釣りにならなかった。これまで10回の釣行で0勝10敗、勝率.000。秋のトップシーズンに大怪我を負い、シーズンを棒に振った。まだ膝の状態は完全ではなく、中山式膝バンドがないとまともに生活ができない状態。

ひっさびさの釣りは、横須賀市リサイクルセンター『アイクル』で根モノ釣りと決め、胴突きちょい投げ一本で勝負!!

チタン君は当直明けということで、AM9:00頃合流の予定。まぁ、アイクルの釣り施設の開場は8:30なので、それまでに到着すればいいなと、家を7:00出発。京急追浜駅から30分歩き、戦地アイクルへ。

moblog_405bba17.jpg
・・・休館日

アイクルが休館日って頭は全くなかったな。チタン君もなかったそうだ。事前に調べることもしなかったガキおやじが悪い。すっかり釣りの勘も鈍ってしまっているってことだな(笑)。

さぁ、足がないガキおやじ、チタン君のレスキュー車が到着するまでどうにもならない。電話してみたら、もう自宅に帰着し、すぐに出発するということで、あまり待つこともなくチタン君登場。

チタン君の車に乗り込み福浦へ。

今日はトラブルで、AM10:00スタート。出鼻から惨敗の予感(笑)
↑真冬の釣りといえばやはり福浦がふさわしいな。しかしロングキャスト用タックルを持ってこなかったガキおやじはここでも胴突きちょい投げしかメソッドがありません。

さらに時計の針はすでに10:00を回っている。ガキおやじの釣り人生でおそらく最も遅いスタートです。

煙がまっすぐ立ち上る、む完全無風状態。潮も動かず、釣れる気がしない(>_
↑それにしてもホントにいい天気。煙突の煙もまっすぐ立ち上る、完全無風状態。潮も動かず超まったり。釣れる気配がしませんね(^o^;

結構混んでたよ。キスのポイントは150M以遠と遠い。
↑12/29だというのに、結構混んでるんだよね福浦は。ロングサーフロッドを操る連中の狙いはシロギス。ポイントは遠く、6色(150m)以遠だという。ガキおやじ手持ちのタックル(ロッド2.7m、錘15号)じゃとても無理。

チタン君は、ちょい投げを一本放置し、もう一本はタコスッテでタコを狙います。しかし、タコの気配はもとより、魚の気配も全くありません、エサも全く食われない・・・。

チタン君、なんとかナノメバルをゲット。もちろんリリース。
↑結局本日の釣果はチタン君が釣ったこのナノメバル一匹のみ。。。14:00 Give up・・・。

【RESULTS】
チタン・・・メバル×1(リリース)
ガキおやじ・・・ボウズ

ガキおやじの2013年最終戦は傷口に塩を塗り、恥を上乗せする結果となりましたとさ。

2013年通算成績 0勝11敗 勝率.000

・・・見事逆パーフェクト達成。クソッ・・・。

ま、絶好のお天気の下、久しぶりに釣りができただけでもヨシ。さ、風呂だ風呂!!

金沢・能見堂『赤井温泉』。激混みでした。
↑っつーわけで、金沢文庫にある、『能見堂・赤井温泉』へ。入湯料450円。天然ラドン温泉です。ふーっ、生き返るぜ!!

さぁ、さっぱりしたし、温まって生き返ったから、飲むべ!! ということで、いつも通りチタン邸へ。

シュウマイ・イオン謹製
↑シュウマイ・イオン謹製。

アジフライ、ハムカツ、チキン竜田揚げ・イオン謹製
↑アジフライ、ハムカツ、若鶏竜田揚げ・イオン謹製。

イカリングから揚げ・イオン謹製
↑イカリングから揚げ・イオン謹製。

モツ煮・ガキおやじ謹製
↑モツ煮・ガキおやじ謹製。

昇天スペシャル、山口県下関市の銘酒・関娘
↑本日の昇天スペシャル!! チタン君が仕込んでいた、山口県・下関市の銘酒『関娘』。これうまいねぇ!! 超芳醇。コストコで売っているそうだ。ヤバい、またGWの悪夢が頭をよぎる(爆)。

しかし、ここで事件が起こった。

チタン君の長男が、友人と遊んでいて怪我をしたという。近所の外科に診せたところ骨折の疑いがあるということで、横須賀の総合病院を紹介され、一旦帰宅してすぐにそちらへ移動。足の甲を骨折していたことが判明した。

あらら・・・、冬休み中で良かったとしか言いようがないが、野球はしばらくできないな、お大事に。

というわけで、失神テレポートもなく帰宅しました。期待していた皆様、申し訳ないです(^o^)

2013年のガキおやじは、そのテキトーぶりを遺憾なく発揮し、究極のヘタレた一年となりました。こんな駄ブログをいつもご覧いただいている皆様、ありがとうございました。2014年も連敗記録がどこまで伸ばせるか、ご期待ください。

・・・それでは皆様、良いお年を~(^o^)/
これまでの釣り人生で、連れにこれだけの大差をつけられて負けたのは初めてだわ(^O^;

町内会対抗のソフトボール大会だって5回コールド17対8だったのに(笑)。


それと、ブロガーとしてあるまじき愚行。カメラを忘れてしまったため、今日の記事はガラケーでの極悪画質です。。。

11/2(土)、前回の出撃で、江の島表磯に上がる予定だったのに、タフコンディションのため上がれなかった。今日は満を持して、職場のIさんと再挑戦です。

AM4:00、Iさんを拾い、5:00現着。今日は大潮で、満潮が4:30前後だったので、磯は水をかぶっていましたが、前回とは違い、ここから干潮の10:40頃まで70cm以上引いて行くので、水道口ワンドの西側にベースを張ります。


到着した時間は当然漆黒の闇ですが、入磯口から表磯を見渡すと、あちこちヘッドライトの光が。。。

どうやら場所取りのぶっこみ師(イシダイ師)のようです。イシダイのぶっこみをやるには、水道口先端の平場から南東方向へ投げるしかないため競争が激しいようです。10人以上のヘッドライトの光がそれぞれ岩にピトンを打ち付けていました。サザエの殻を割る音も聞こえます。

AM6:00にはこの状態(^O^;
↑夜明けとともにこのプレッシャーですよ。この時点でまだAM6:00デスヨ。

ま、三連休初日だし(ガキおやじは3連休じゃないけど)、江の島だし、天気予報じゃサイコーの行楽日和って言ってたらな・・・。海が穏やかなのが救いだな。さぁ、いっぱい釣ろうかね!!

今日はIさん、秘策があるそうで。まぁ、どんなもんかお手並み拝見かね。

前回同様、Iさんはウキ下1.5m程度の超表層をフカセるようです。ガキおやじは底狙いで、道糸にナツメ錘1.5号をつけ、タナを4m強に設定してスタート。コマセは比重を高めにして、沈降速度優先のセッティングです。

開始早々、ガキおやじにはネンブツダイとべラがかかります。まぁ、魚は寄ってるみたいね。

表層を流しているIさんは木っ端メジナがポンポン釣れます。サイズが小さいけど、面白いように釣れている。

にゃはは、Iさん、爆釣モードだねぇ!!

表磯でこれだけ忙しく釣れるのは初めてだな~。さぁ。俺もでっかいの釣って追いつかなきゃナ!!

ところでIさん、秘策って何?

ん? これだよ。

な、な、な???

・・・グレ飲ませ1号針・・・。

こんなマイクロ針にオキアミ刺してたんか!! っつーか、こんな針に良くハリス結べたな~(^O^;

サイズとしては、ガキおやじが子供のころ使っていた袖1号サイズだ。いやぁ、びっくりした。

上州屋のおやじに、『この針は飲ませ専用針。太軸なのでパワーあるよ、これで木っ端はもちろん、30cmくらいのグレまで対応可能だね』とすすめられたそうだ。

・・・飲ませ針・・・。フッキングを想定していない釣りなんて・・・。

ガキおやじのポリシーとは違うので、悔しいけど真似はしない。

ガキおやじ、手持ちの針で最も小さい、伊勢尼ヒネリ5号に換装するも、エサだけ取られ、アタリも全く分からない。伝家の宝刀である超ロング棒ウキに魚信は出ないのに食わせは瞬殺。。。ウキ浮力を2号から5Bに小さくしてもダメだった。。。

Iさん、人生初のカワハギを釣り上げます。
↑その後、Iさんに人生初のカワハギがヒット!! お~、いいサイズじゃん、ぜひ肝和えにしてくれ。

その後。、やはり人生初となるアイゴを3匹追加。

そしてそして帰り際・・・。

キターーーーーー!!

Iさんの竿がギューン、ギューン、弧を描きます。下に向かってぐんぐん走ります。いやぁ、気持ちよさそう♪ ガンバレ、根に潜られないよう、ぎりぎりまで前に出て、もうチョイ!!

そしてついにドカ~ン!!
↑ドカーン!!

やりました!! 江の島表磯ではそこそこ大物と呼んでもいいサイズです。こんなのが飲ませ針1号で上がるなんて・・・悔しいけど完敗です。

お~、実測25cm、これは引き味良かったっしょ!!
↑25cmのずっしりとしたグレ。これはぜひ、今日はおろして皮だけ剥いで、冷蔵庫で寝かして明後日頃刺身で食べてね♪

いやぁ、江の島表磯だって釣れるんだよな!!

ちょうどここで雨がザーッと降ってきて急いで退散。13時納竿です。ホント、今日の天気も当てられない気象庁なんか解散してしまえ!!

【RESULTS】
Iさん・・・メジナ25(20cm超えの良型2)、カワハギ2、アイゴ3(リリース)
ガキおやじ・・・メジナ1、カワハギ1、ベラ1、ネンブツダイ1

Iさんの釣果。グゥの音も出ねぇや(^O^) お見事!!
↑Iさんも長い釣り人生で、ベスト3に入る釣行だと言ってくれました。いやいや、良かったよ!!

ガキおやじはたったコレだけorz...
↑ガキおやじは帰宅してふて寝します(笑)。

さてさて、ガキおやじ、この歴史的敗戦で、これまでの生き方を反省し、これからの生き方を本気で考えなおさなければならない時期に差し掛かったようだ(爆)。
2013年10月12日。今日は職場の4年先輩のIさんと、10ヶ月ぶりの江の島表磯アタックでした。

Iさんは、釣り歴40年ながら、磯釣りは人生3回目。普段はガキおやじとは全く趣向が合わないバサーなんす。しかし、メジナの戦闘能力に魅了され(10cmに満たない木っ葉でもいいファイトを見せる)、ガキおやじの指導の下、昨年磯デビューを果たした男。

ただし、面倒なことが。彼は20年前の交通事故(居眠り運転で10m程度の崖下に転落自爆事故)を契機に脳の一部に障害が残り、以来重度の鬱病患者なのです。障害者一級。1年365日服薬生活のため、車の運転が出来なくなってしまった。したがって、ガキおやじが彼の住む厚木市の自宅まで送り迎えが必須なの。

藤沢市民のガキおやじが、県央の厚木経由で江の島に行き、江の島から厚木経由でまた藤沢に帰る不条理さは、神奈川県民の方ならご理解いただけると思う(笑)。ま、ガキおやじと釣りに行くことが彼にとって何よりのリハビリみたいだから、俺は全然苦ではないけどね・・・それに俺、後輩だし(^o^;

ま、そんなことはどうでもよろし。

AM5:20。R129厚木市戸田付近。
↑AM5:00、Iさんを迎えに行き、R129を海岸線に出るまでひたすら南下。ここは厚木市戸田付近。二人で仲良くウンコしたコンビニ。6:15、江の島表磯着。

うぅぅ・・・また表磯乗れねぇ(/_;
↑・・・ううぅ、また上がれねぇ・・・。江の島表磯は波浪に極端に弱い。もともと磯が低いのだ。ものすげぇ南風。真南を向いている表磯は、南風の日は釣りにならない。ここは北風専門だな。。。

それと、ここんとこ平日が殺人的に忙しいガキおやじ、タイドグラフを見るのをすっかり忘れていた。

今年の釣行時は、だいたい早朝が満潮で昼前干潮って感じだったから、今日もそんな感じだべとタカをくくってここに本陣を置こうと思ったんだけど、携帯電話で調べたら、この時間は全く逆の、上げ4分くらいの潮時だった。

昼前の満潮に向かって潮位があと40~50cm上がる。この風とウネリではここは危険だ。撤収っ!!

結局湘南大堤防の根元でウキ釣り・・・
↑結局、湘南大堤防の根元に避難。ここで雑魚釣りすることに。。。

表層狙いのフカセ釣りが好きではないガキおやじの表磯での戦術は、コマセは比重の軽い配合の白色煙幕系を少しずつこまめに撒き、フグ、ベラなどのエサ盗りを表層に浮かせ、その表層を素早く掻いくぐるよう、重めの仕掛けを素早く中層~底層へ沈め、表層のお祭り騒ぎの様子を窺いに下から攻め上がって来る尺メジナやカワハギなどをひっ捕らえるというものだった。

しかし、海底部に起伏やストラクチャがなく、かつ水深もない大堤防ではこの戦術は使えない。。。早くも大誤算(笑)。

Iさんはどんぐりウキ使用、ガン玉不使用の自在型フカセで表層に浮いてきた小魚を根こそぎ頂戴しようと言う戦略。VTOL機(Vertical Take-Off and Landing=垂直離着陸機)vs自在型戦闘機(全層フカセ)の対決です。

コマセ打つとトウゴロウがウジャウジャ・・・
↑大荒れの表磯から避難してきたのでしょうか? コマセを打つとご覧の通り、大量のイワシがタイムセール状態。

さらに打ち続けると・・・

コマセを打ち続けていたら、今度はメジナが全部表層まで浮いてきた。コレでは棒ウキのガキおやじは釣りにならん(>_
↑イカん、肝心のメジナちゃんも全部浮いてきてしまった・・・。こうなると、VTOL機はお手上げなのです。垂直落下式爆撃を繰り出そうにも、ウキがピンコ立ちする間もなく、食わせのオキアミが着水した瞬間に強奪されてしまい、エサを下まで持って行くことが出来ません(>_<)

まぁ、木っ葉メジナは釣れるわけよ。。。
↑それでも何とか木っ葉ちゃんは釣れるわけよ。でも10cmにも満たないどうにもならないキッズばっかり。。。

チヌ針1号では全く針掛かりさせることが出来ず、手持ちの針で最も小さい伊勢尼5号でやっと掛ける事が出来ます。

スピードエサ付け器でアミエサつけたトリック仕掛け師は、トオゴロウと木っ葉メジナを面白いように釣りまくっている。

ガキおやじには何故かトウゴロウが爆連。。。
↑ガキおやじにもこんなのがウザイくらい掛かるのよ。

どんぐりウキの全層フカセのIさんは、次々と表層に浮いた木っ葉メジナを釣り上げます。
↑完全表層狙いのIさんは、棒ウキで大苦戦するVTOL機を操るガキおやじを尻目に、木っ葉メジナをポンポン釣り上げて行きます。

表磯に上がれなかったガキおやじは、序盤から戦意を殺がれ、さらに17m/s超の強風(ヨット競技があるようでしたが、風速17mを超えたため、放送で発走中止をアナウンスしていた)で、まるっきりやる気ナシ(>_<)。

・・・完全に戦意喪失のガキおやじ、10時納竿(^o^;

【RESULTS】
Iさん:メジナ・・・14(全て10cm以下)
ガキおやじ:メジナ・・・3(同上)、トオゴロウイワシ・・・9、ヒイラギ・・・8

VTOL機の完敗です。。。コマセの比重を軽くしすぎたのと、磯に上がれなかったのが誤算。ターゲットが表層まで完全に浮いてしまった状況では、タナを釣る棒ウキ仕掛けはまるで戦闘能力がないと言うことを思い知らされた。。。

次回、磯に乗って再戦しましょう!! 木っ葉ではなく、最低でも足裏サイズを狙って!!