2018.07.14 戦術ミス(-_-;)
2018年7月14日(土)、ガキおやじは単独エギングを敢行しました。

3連休の初日ということで、混雑必至。堤防を避け、江の島表磯に挑みました。しかし、何から何まで戦術が裏目って・・・。。。

 
まず、帰りの混雑を考えて、車を避け、始発電車で向かったのが裏目。朝4:30に家を出て、まだ駅の電光掲示板の電源も入らないうちに駅に着いたのですが、見事に明るくなっていて・・・。この時点で朝マヅメは終わってるわけ(笑)。


小田急江ノ島線の終点、片瀬江ノ島駅に着いてから、表磯の入磯口まで約15分歩くうちに、あまりの暑さに一瞬めまいが・・・これも想定外。

現場着前に小休憩取ってしまい、結局駅から40分程度かかってしまいました・・・。


江ノ島は午前5時になると一般車両が入れる。当然、ただでさえ電車釣行組には不利な状況なのに、かなりタイムロスしてしまい、表磯は御覧の通り・・・。


それでも、何とかキャストできる場所を探し、いざ、スタート!! 時折、波に足元を洗われながら、気持ちいいひとときを・・・と思ったのもつかの間。ここでガキおやじ最大の戦術ミスが発覚します。。。

それは・・・PE0.8号で磯エギングに挑んだことWWW
いやぁ、釣りになりませんでした。。。

根ズレによるPEラインの高切れに苦しみました。結局、ラインシステムを組み直す時間の方が圧倒的に長い釣りとなりました(/_;)


エギのカンナがすっぽり抜けてしまう珍事も発生し、都合6個のエギがお亡くなりになりました。。。気温は上がり続け、太陽がジリジリと容赦なく照り付け、ガキおやじの気力と大量を奪って行きます。午前10時、ついに・・・

・・・Give up!!!



生命の危険を感じたため、冷房の効いたコンビニに逃げ込み、生命の水を呑んで帰宅orz...


帰宅途上、エギ3本とフロロリーダー4号とエギスナップを補填して、3,000円の散財。クソッ!!

やっぱり真夏は釣りしてはイカンね!!
2018年5月6日、ガキおやじのGWは9連休のはずでしたが、期せずしてカレンダー通りになってしまいました(/_;)

そんな、3連休→2勤→4連休の最終日、中学の野球部に入部した息子、奇跡的に今日は部活が休みと言うことで、先日父子で新調したエギングロッドの筆おろしをすべく、早川港へ行きました。

釣りに行く際は容赦ないガキおやじ、息子を午前4時に叩き起こし、始発電車でいざ早川!!


JR東海道線早川駅、相変わらず味わい深い駅です♪

海老名居住時代の2011年、単独でエギングをしに来て以来、7年ぶりの早川ですが、全く変わっていませんでした。


駅から徒歩1分。今日の戦場、早川港に到着!

早川港という呼称は、ガキおやじをはじめとした釣り師、或いは地元住民が呼ぶ通称で、正式には小田原漁港と言うようです。

あぁ、懐かしい景色! 時刻はまだ6:30、朝イチヒットかっ飛ばすかねぇ(^o^)v


ベースを張った、船揚げスロープ横の小堤防には、まだ新しい墨跡がアチコチに残されています。テンションは否が応でも上がります(^o^)v

しか~し!!

ガキおやじ、1月に右肩腱板断裂の手術を受け、まだ週イチでリハビリに通っている身。

少年野球の指導も今年も毎週顔を出していますが、ボールは投げられず、バットも振れず、用具運びも出来ないため、球拾いと試合時のスコアラー、それと、市野球協会の公認審判員活動に腐心しています。

そんな状態の俺にキャストやシャクリなんか出来るのか???

荒療治の始まりです^_^;

キャストは肩を上げず、肘から先だけで手首のスナップを効かせてビュン!!

なんとか飛距離は確保。

着底からしゃくり始めますが、コレはシャクリの角度によって痛かったり痛くなかったり。


ガキおやじは都合7時間しゃくり続けたものの、玉砕でした_| ̄|○


息子に至っては、前日の部活と、今朝4時起きの疲れが祟り、昼前に野垂れ死にました(≧∇≦)b

【RESULTS】
父子丸ボウズ(>ω<)

実は、我々が陣を張った小堤防の先端に、生きアジを泳がせていたヤエン師がいました。話を聞いたら、ヤエンはyoutubeの見よう見まねで、まだ始めて2シーズン目だと言ってましたが、キッチリと500gサイズのアオリイカを2杯あげていました。

ヤエン師の隣でいくら鬼のキャスト&シャクリを続けたところでエギンガーに勝ち目はない。

しかし、真っ昼間でもアオリイカが確かに居ることを確認できたことは収穫だったかな?

都合300キャスト以上やったかな?

家に帰ったらやはり肩痛がぶり返し、久し振りに痛み止めを飲んでしまいました。

バカは死ななきゃ治らないのよね(≧∇≦)b

さてさて、バカ父子。エギングでアオリをあげるまではしばらくやり続けようと決めました。

次にガキおやじと息子の休みが重なる日はあるのでしょうか?(≧∇≦)b
2018年3月24日(土)、前夜、職場の歓送迎会があり、帰宅が25時になってしまったガキおやじ、2時間ちょいの仮眠の後、朝4時に起床し、始発電車で今季5回目の穴釣りに出撃。

さすがに眠くて眠くて、電車3回乗り継ぎで現地入りする際、全ての電車で爆睡してしまいました(笑)。


今日も戦場は福浦岸壁のテトラ帯ですが、いつもの横浜市大医学部側ではなく、福浦橋側のテトラ帯です。

ガキおやじの『釣りに行くというのは、釣りをすることが第一義ではなく、アフターフィッシングの準備をしに行くと言うことである。』を実感し始めている息子、『お風呂が近いほうで釣りした方がいいね』ということで、産業振興センター駅から福浦テトラ帯を目指します。ここからなら、お風呂施設『リネツ金沢』まで徒歩10分だ。


朝6:30釣り開始。

ここ、市大医学部ヘリポート前と比較してかなり水深が浅い。穴釣りタックルが穴の奥深くに落ちるところがあまりなく、すぐに着底してしまう。

上がって来るのは小さいのばっかり(>ω<)


上げても上げてもサイズが上がらない。


途中、テトラから僅か30m程の沖でボイルが発生し、鳥山が騒ぎ始めましたが、穴釣りタックルしか持ち合わせていないガキおやじ父子は指を咥えて見てるしかありませんでした(;´Д`)


前回ボウズに終わった息子もムラソイを釣り上げますが、やはりサイズが小さく、お持ち帰り基準を満たすことができません。

【PESULTS】
ガキおやじ:ムラソイ×6、アイナメ×1 全リリース
息子:ムラソイ×1、カサゴ×1 全リリース

はぁ。お持ち帰りナシ_| ̄|○


魚が獲れなかったので、帰路、藤沢の『南口やきとん』で、息子と二人残念会^_^;

4/5に中学入学式を迎える息子。野球部に入る息子は、中学に入ったら土日に釣りどころではなくなる。

春休み中に、あと1回行けるか、2回行けるか?

・・・次の穴釣りはまた市大医学部前だな^_^
2018年3月11日(日)。東日本大震災から7年。まだ復興半ばと言う日に、バカ父子が4週連続の福浦穴釣りへ出撃する愚をお許し下さい^_^;

だって、この穴釣り集中月間、回を重ねるたびに結果が悪化してるんだもん。このままやめられないじゃんw


っつ~わけで、今日も今日とて横浜ヘリポート前のテトラ帯。今日はバカ息子、ホントにガキおやじを4:00に起こし、始発電車で現地入り。

しかし、大船駅での乗り換えが悪く、根岸線の発車まで20分も待つ始末。

横浜シーサイドライン、市大医学部駅着6:30。これが我が家から始発電車利用の最速到着時間らしい。7:00釣りスタート。


今日は活性はまずまず。初ヒットはガキおやじ。小さいながらも何とか持ち帰りサイズのムラソイ。


ガキおやじは今日は絶好調! 時間が経つにつれ、サイズも徐々に上がって行く。怪しい匂いのする穴という穴を丁寧に攻め、入れ食い状態\(^o^)/

しかし息子は今日は大苦戦。スタート直後に掛けたアイナメを落としてしまい、そこから受難の一日となりました。

ベイトリールのバックラッシュ、根掛かり、根ズレからの高切れと、トラブル連発の横で大人げないガキおやじがヒット連発するもんだから、次第にココロが折れていきました(¯―¯٥)

挙げ句の果てには、二人で共用していた青イソメのエサ箱をテトラの中に落とす愚を犯し、完全にココロが粉砕されました^_^;

エサ箱は何とか回収出来たものの、中身は全部海に撒いてしまいました。

チタン君が陣中見舞いに来てくれた時は、ガキおやじは市大医学部駅前のファミリーマートに青イソメを買いに行っていた時間でした。



【RESULTS】
ガキおやじ:ムラソイ6、カサゴ2、他リリース多数
息子:ボウズ_| ̄|○

穴釣りは『ボウズのがれ』といい、他の釣りをしていて、釣れなくてどうにもならない時に、ボウズで終わらせないために仕方なくやる代替釣法なんです。

基本、構造物が沈められているところには根魚が隠れ家として溜まります。その鼻先にエサをチラつかせることができればほぼ百発百中の釣りなんです。

ガキおやじは子供の頃から穴釣りが好きで、テトラ帯での釣りは苦になりませんが、普通の釣り師が穴釣りをメインとした釣行はまずないでしょう。

危険度、疲労度、イライラ度MAX(根掛かりによる仕掛けロスト、風や不注意によるタックルロストの危険性極大)の釣りです。

しかし、穴釣りはそれを差し引いてもとても楽しい釣りなんだけどね。

釣りは『イライラしたら負け』の遊びなんです。息子の今日の敗因はこれに尽きます。


リベンジマッチで完膚なきまでの返り討ちを食らった息子に、タイワンリスが慰めに来てくれました(≧∇≦)b

リスも慰めてくれたし、風呂行こうぜ!

というわけで、幸浦のリネツ金沢でひとっ風呂浴びて帰宅。

ガキおやじが釣った獲物でずっしりしたソフトクーラーバッグを『重い、重い・・・』とブツブツ言いながらとぼとぼと歩を進める息子。

しゃあねぇだろ、父ちゃんはまだまだ荷物が肩に掛けられないんだからw


帰路、失意の息子を、JR藤沢駅南口の大衆酒場『南口やきとん』に連れて行き、やきとんを好きなだけ食わせてやりました(;´∀`)

うまいうまいと、10数本堪能した息子、ご機嫌も直りましたとさ。


獲物は、サイズ上位4匹は煮付けに、その他は味噌汁にしていただきました。根魚は何でこんなにも美味いダシが出るのかねぇ\(^o^)/

3/16(金)に卒業式を控えた息子、4月以降は息子を釣りに連れて行く際、経費が倍になるな。交通費や風呂代やら・・・。

お前が自動改札機通ると【ピヨピヨ!!】と言ってるウチにお前のリベンジマッチのリベンジマッチやらなきゃな(≧∇≦)b
2018年3月3日(土)、ガキおやじのリハビリ釣行が3週続くという、信じられないことが起こりました。

息子が中学に行ったら部活で休みがなくなることから、今のうちにたくさん釣りに行っておきたいタイミングで、バカおやじが人生最大の怪我を負い、穴釣りしか出来んのです。

3週続けての穴釣りに興奮気味の息子の、朝4:30にお父さんを起こすからと言う言葉を信じ、またもや裏切られ、二人して起床6:30(爆)。

てめえ、起きられねぇんならお父さんを起こすからとか言うんじゃねぇ!!

福浦テトラ着8:30。朝マヅメのベストタイムは丸逃し(>ω<)

現場で、釣りブログ仲間のキリンさんに偶然遭遇!

何年振りにお会いしましたかね、声をかけていただき、感激しました。

ご一緒したかったのですが、キリンさんはフルキャストでカレイを狙っていらしたようで、今のガキおやじは対応出来ず。

キリンさん、またいつかご一緒お願い致します。


釣り開始9:00。現場はベタ凪、ポカポカ陽気、悲しいほどお天気(≧∇≦)b

釣れるかな~^_^


マジで良い天気。穴釣りは潮や天気はあまり関係ないかなと思いますが、一昨日の低気圧の影響か何かわかりませんが、2時間以上、息子もガキおやじも全くアタリがなく、イライラMAX。

昼近くになって、ようやくガキおやじに初安打。マイクロカサゴ。リリース(>ω<)

息子にはまだ初日が出ません。頑張れ、息子(≧∇≦)b


12時を過ぎた頃、ようやくガキおやじにお持ち帰りサイズのムラソイ。やれやれ。


13時頃、息子にようやく初日。しかし、サイズが小さく、残念ながらリリース。さ、ここから挽回しようぜ!!

しかし、この直後、息子が竿を折る愚挙をカマし、DNFとなり、無念のゲームオーバー(>ω<)



【RESULTS】
ガキおやじ:ムラソイ1、カサゴ1(リリース)
息子:カサゴ1(リリース)

・・・何が悪かったのでしょうか? ま、穴釣りでボウズ喰らわなかっただけ良かったか。こんな日もあるさ(¯―¯٥)

お前が竿折っちまったから、これ以上釣りはできないし、早く風呂行こうぜ!


横浜シーサイドライン幸浦駅で途中下車し、【リネツ金沢】でひとっ風呂浴びて帰宅。


帰宅途中、釣り具のポイントに寄り、息子のさぐりロッドの損失補填。

息子はラインアップの中で一番短い90cmのロッドチョイス(折ったのは110cm)。

足元の小さな穴に確実に仕上げを挿入できるように、一番短いのにしたとのこと。


ガキおやじが釣った獲物は煮付けにして失意の息子に献上。激ウマだったそうです。煮汁でゴハン2杯平らげました(≧∇≦)b

息子も3/16に小学校の卒業式があり、短い春休みのあとは野球漬けの中学生活が始まります。

あと何回息子と一緒に釣りに行けるかね?
2018年2月25日(日)、先週の福浦テトラ穴釣りで楽しい釣りが出来た事に味を占め、2週続けて福浦テトラw

ガキおやじの右腕は手術以降、上腕の痛みが治まらず、術後1週間の予定で処方されていた痛み止め『ロキソプロフェン』が、既に5週間の連用となっていて、薬が効かなくなりつつある状態です。

穴釣りは辛うじて、左手一本でできる唯一の釣りです^_^


先週、朝4:30にお父さんを起こすと豪語しつつ撃沈した息子、今日は4:30におやじを叩き起こしやがりました(≧∇≦)b


デ・ジャ・ヴではありませんよ(≧∇≦)b
2週続けて同じ場所で穴釣り。

今日はコンディションとしては最悪。前日のポカポカ陽気から一転。最高気温8℃、前日比-7℃、水温も2℃くらい下がっていたと思われます。

更に潮回りは長潮。1回目の満潮と干潮の潮位差が10cm強しかありません。穴釣りにゃ潮回りは関係ないか^_^;


アタリがある穴を探し出すのに苦労しましたが、最初のヒットは息子。マイクロサイズのカサゴ。リリース。


同じ穴で次々とカサゴをあげる息子、今日も絶好調です。しかし、ことごとく抱卵個体のため、我が家のルールに則りリリース。お持ち帰りがなかなか釣れません。

オヤジは、本日筆おろしした両軸受けリール、ダイワ・プリード150SH-DHの不具合で殆ど釣りにならず、ひたすらライントラブル対応に追われます(/_;)

スプールを収めているハウジングに割れ目があり、そこにラインが引っ掛かり、スプールに噛み込んだり、リーリング中にラインが高切れしたり、使い物になりませんでした。

それでもラインを100m近く捨て、スプールに30mくらい残した状態にして、何とか戦線に復帰しました。

釣りをやる前に気付いていれば不良品として交換出来たんだろうけど、使っちまったし、泣く泣くお蔵入りだなこりゃ。


そんなガキおやじを尻目に、息子の快進撃は続きます。小さいながらもアイナメ。カサゴも20cm級をあげますが、またまた抱卵個体のためリリース。ツイてないねw

11:00頃から、テトラ帯のすぐ横の、横浜市消防局のヘリポートで、ホバリングからの降下訓練が始まりました。テトラ帯は突風で釣りにならず、あまりにも寒いので、釣りは諦めて風呂に行こうと、最後の一投で、これまでボウズだったガキおやじに一発!!


ずっしり太った24cmのムラソイ\(^o^)/

あ~、ヨカッタ。穴釣りでボウズ食らったら釣り引退だからな(≧∇≦)b

【RESULTS】
息子:カサゴ7(サイズでリリース×3、抱卵個体のためリリース×4)、アイナメ×1
ガキおやじ:ムラソイ(24cm)×1

今日は息子に完敗です(;´Д`)

そうそう、今日もベラもフグも一匹も来なかったよ(^o^)v

息子よ、父ちゃんは来週から少年野球のコーチに復帰する予定だけど、お前が中学に上がる前にもう一度ここで穴釣り対決しような!!


まだ時間は14:00前ですが、早々に現場を後にし、先週メンテナンスの為休業していた、横浜市金沢区のごみ処理施設【リネツ金沢】でゆっくりお風呂に浸かって、冷えた体を温めて帰路につきました。

息子、もう、釣りは風呂とセットじゃないとイヤだって(≧∇≦)b
2018年2月18日(日)

右肩腱板断裂の手術を受け、16日間入院していたガキおやじ、去る1/29に退院し、社会復帰しています。

しかし、右肩を動かさぬよう固定する、スリングと言う装具を、2/16まで装着したままでした。着替えも食事もままならぬ状態で、実質は要介護状態でした。痛み止めの薬もまだ一日三回欠かせません。

2/16の診察で、装具を外して、可動域回復のリハビリを始めましょうと言うことになり、装具は外れましたが、まだ右腕は痛くて全く上がりません。

そんな状態ではありますが、バカおやじはリハビリと称して釣りに出かけます^_^

小学校卒業を来月に控えた息子。少年野球チームも卒団し、束の間の週末休み期間。息子は中学でも野球部に入るそうなので、土日祝日休みなしの生活になるんでしょう。できるだけたくさん釣りに連れて行けと言われています^_^;

ガキおやじの身体の状態では、穴釣りくらいしかできないので、取り敢えず福浦岸壁で穴釣りすることに。


『俺が4:30にお父さんを起こしてやるから始発で行こう!』と、息巻いていた息子。起きられるはずもなく(笑)、ガキおやじが5:30にバカ息子を叩き起こし、駅へ向かいます。息子、起きられなかった自分に腹が立っている御様子(爆)。


JR京浜東北線新杉田駅から横浜シーサイドラインに乗り換えて、横浜市大医学部までのんびりと無人運転の新交通システムに揺られます。無人なので、運転席も客席になっています。息子、運転手気分にご機嫌♪


ガキおやじがいつもチタン君とフルキャストしている場所とは違いますが、久々の福浦岸壁。テトラ帯に降りることができるのはここだけという事で、八景島を眺めながら、まったりと穴釣り開始です。餌は極太青イソメ100g(2人分)でスタート!!

ウキフカセ師とルアーマン数名がテトラに乗っているだけで、穴師は我々父子だけ。穴という穴に挿れ放題(≧∇≦)b


初ヒットは息子。まあまあのサイズのムラソイに会心の笑顔\(^o^)/


続いてガキおやじには20cm超えのカサゴ(嬉)。


すぐさま息子はカサゴを上げ、おやじを引き離しにかかりますw


その後も息子はサイズは小さいながらもカサゴをコンスタントに上げています(殆どリリース)。


身体の自由が利かないガキおやじはテトラ帯を歩くだけでも結構大変で、苦戦を強いられていますが、左腕一本で23cmのずっしりとしたムラソイを釣り上げ、芸術点を着実に上乗せし、息子を追いかけます。


朝のラッシュタイムが終わるとピタリとアタリが止まりましたが、干潮の12:30頃、息子がウルトラCをかましやがります。なんと、25cmのアイナメを掛けやがりましたΣ(゚Д゚)

息子、人生初のアイナメに大興奮! いやぁ、いいサイズだ!

しかしその後、ガキおやじにもウルトラC。なんと今日イチ、27cmの真っ赤なアイナメが掛かりました!(写真撮り忘れた(>ω<))

なんじゃ? この真っ赤なアイナメは???

息子がすぐさまiPhoneで検索したところ、どうやら『ウサギアイナメ』という、アイナメの亜種のようです。

【RESULTS】
父子の息詰まるデットヒートは数で息子、サイズでおやじに軍配。協議の結果、ドローということになりました(笑)


お持ち帰りサイズだけでも結構釣れたな!! サイズもまとまり、楽しいリハビリ釣行になりました。


帰り際、息子が『風呂に入って帰りたい!』というので、シーサイドライン福浦駅の、金沢区ごみ処理施設の利熱浴場『リネツ金沢』に行こうと思いましたが、残念ながらメンテナンスのため2月は長期休業とのことで、新杉田駅そばの『杉田湯』へ。

まさに三丁目の夕日の世界。12歳の息子もノスタルジーを感じていたみたい(笑)。


獲物メシ。アイナメは塩焼きに、ソイとカサゴはすべて鍋にぶちまけ、味噌汁にしました。

味噌汁は発狂しそうなほどうまかった\(^o^)/

リハビリ釣行なので、おやじはボウズ覚悟、息子を釣りに連れて行ってやりたい一心で強行しましたが、とても満足の一日となりました。特筆すべきは、ベラ、フグなどのエサ取りが一匹も来なかったこと。アイナメ針11号の効果かな?

息子よ、中学入学までの残り少ない時間、できるだけ釣りに連れて行ってやるからな。

・・・穴釣り限定だけど(≧∇≦)b
2017年11月5日(日)、少年野球がポッカリ休みになり、息子と小坪漁港へ釣りに出掛けました。

実はガキおやじ、右肩棘上筋腱板部断裂の大怪我を負い、現在右腕の可動域が極端に狭くなっています。

脇を締めていないと上腕に激痛が走るため、腕を伸ばしたり上げたり横に広げたりという動作が出来ない状態が1ヶ月以上続いています。肘から先は自由に動かせます。

医師と再建手術をするか、保存療法でリハビリするか相談しているところなんす。

すると、できる釣りは穴釣りに限られてしまうわけです。

っつ~か、そんな時に釣りしねぇわな普通はw


このテトラ帯、間もなくテトラポッドの入れ替え工事を行うようで、来年の3月いっぱいまで立ち入りが出来なくなるようです。

エサは二人で青イソメ80g。潤沢に使えます。


妖しいフェロモンを放つ穴を見つけては仕掛けを挿入しながら、花から花へと点々と飛び回りますが、開始30分はノーヒットに抑えられました。ガキおやじの初ヒットはショボ~いキヌバリ。ポイッ!(>ω<)


息子は良型のキュウセンが初ヒット。


ガキおやじはその後、雑魚ラッシュに悩まされます。キヌバリ、ササノハベラ、ゴンズイ、小さすぎるギンポなど・・・。

雑魚ラッシュに辟易しながらも、移動を繰り返し、開始から2時間。小さな穴に仕掛けを挿入。すると、仕掛けが着底する前に強引に引ったくられました。

明らかにこれまでとは違う引き。根に潜ったりしやがる。待望のカサゴかな?


お~、メバル(嬉)。


メバルがいた穴の周辺を重点的に狙い、その後はカサゴもポツポツ上がりました。

息子はほぼ終日ベラと格闘していたようですが、帰り掛けに何とかカサゴを1匹GET^_^

【RESULTS】
ガキおやじ:メバル1、カサゴ8(4リリース)、ギンポ6(リリース)、キヌバリ4(リリース)、ベラ∞(リリース)
息子:キュウセン3(1リリース)、カサゴ1(リリース)、キヌバリ4(リリース)、ベラ∞(リリース)


終わってみればまあまあってな感じでしたが、とにかくベラが凄い事になっていて・・・。小坪の逗子マリーナ側のテトラ帯にはベラが2億匹生息しています(;´Д`)



キュウセンと、カサゴのサイズ上位2匹は煮付けに、キュウセンの煮付けは、思ったほど悪くなかったかな。

カサゴは鉄板の味。チョイと煮過ぎてしまい、肉が硬くなっちゃったかな? それでもうまかったね(^O^)v


メバルと残りのカサゴは味噌汁に。コレがイチバンうまかった!!

大怪我の身でありながら、左腕一本でテトラ穴釣りとか、まともな人間はやらないんだろうが、ガキおやじはまともじゃないから仕方ないね。

やはり穴釣りは鉄板だね!!
2017年9月24日(日)、雨天中止以外では今年2回目の少年野球中止がありました。

で、息子と今季3回目の釣行に出かけました。

昨年の9月に、息子が人生初のメジナの釣り味を覚えて以来、ちょうど1年振りのウキメジナ釣りに出撃!



戦場は江の島の湘南大堤防。朝5:15現地入りです。

息子はサビキ竿2号3.6mにナイロン4号ライン、針は伊勢尼5号、ハリス1号という、固定ウキ式磯小物万能仕掛け。

ガキおやじは磯竿1号5.3mに、フロロ12lb(ナイロン3号相当)ライン、針は伊勢尼ヒネリ4号にフロロ1号ハリス、遊動式自立ウキ仕掛けで遊びます。

息子は現在小学校6年生。もうオヤジが仕掛け作ってやるなんてことはすっかり過去の話となっています(^O^)v

先行する常連さんと思しきウキメジナ師に今日の塩梅を訊いたら、アイゴの幼魚が1兆匹くらいいて釣りにならないとのことでしたが、取り敢えず釣り開始!

常連さんの言うとおり、コマセ打つと10cmくらいのアイゴが1兆匹くらい一気に湧いて来ます(;´Д`)

まずは足元にコマセを落とし、1兆匹のアイゴを足止めし、本命用コマセは出来るだけ遠くに打つことにしました。



すると、息子が開始20分で本命をゲットします!!

ここからヤツは終日確変モードに突入。周りの百戦錬磨の釣り師たちが苦戦しているのを尻目に、息子ひとりだけが異常な入れ食い状態。サイズは15~16cm級ながらも、時折20cmオーバーも掛かります。

またあの子だ、何なんだ?!

という、ギャラリーの声に気を良くする息子(≧∇≦)b

息子の秘策はタナ。ウキ下30cmで浮いてきたメジナをバンバン釣り上げてやがりますΣ(゚Д゚)

一方、ガキおやじはどうしているのでしょうか?

実は、シマダイの猛襲来に辟易しちゃってまして^_^

息子にはシマダイは一匹もかからないのですが、ガキおやじは表層狙いが好きではないので、遊動ウキ式仕掛けながらウキ止めを使用せず、1ヒロ半のハリスにはチモトと、チモトの1m上の2箇所にジンタンを打ち、カワハギの誤爆を狙っておりました。

そしたらシマダイが1億匹くらい溜まっているタナにどストライクだったようで、1時間あたり10数匹という猛攻を受けました(>ω<)

息子は既に『20cm以下のメジナはリリースする!』と、クソ生意気な宣言をしやがったので、メジナ釣りは息子に委任し、ひたすら底狙いを続けます。

シマダイのしぶとい猛攻にじっと耐え、ひたすら粘る午前9:00頃、ガキおやじに明らかにシマダイとは違うアタリが!!

モゾ・・・モゾモゾ・・・ピタッ・・・・・・

を! このアタリはカワハギっしょ?!

次の瞬間・・・スーッ・・・と静かにウキが消えました!!

ビシッ!! HIT!!

ゴンゴンと下へ下へと潜ろうとするヒキ。アイナメ? まさかねぇ・・・ギャラリーがガキおやじの周りに集まって来ました。

結構大きいかも。堤防から水面の高さは2mといったところ。タモないな~、フロロ1号でぶっこ抜けるかなぁ?

ま、バレたらバレただ。ヨイショォ~~~っ!!



おチヌ様ぁ!!Σ(゚Д゚)

いやぁ、ビックリ。伊勢尼ヒネリ4号という極小針でフロロ1号ハリス、よくぞ上がってくれました。カイズサイズながら、フォルムは紛れもなく黒鯛です(≧∇≦)b

『お~ぃ、俺はもう満足、メジナもたくさんあるし、帰ろうぜ~!!』

と息子を挑発するガキおやじw

『尺メジナ絶対に釣ってやる!! コマセなくなるまで帰らない!!』

売り言葉に買い言葉の息子(笑)。



取り敢えずメシ休憩してすぐに再戦。息子は尺メジナゲットに執念を燃やします^_^

休憩後も息子はメジナをバカスカ釣り上げますが、お土産分はもう十二分に確保出来ているので、20cm以下は全てリリースさせました。

ガキおやじは、おチヌ様のご降臨に満足しましたが、出来ればもうワンサイズ上のおチヌ様を釣りたくて、尺超えチヌ狙い一本に絞りました。

表層ではコマセを打つたびにアイゴ1兆匹、シマダイ1億匹、メジナ1万匹がバシャバシャバシャバシャ沸騰します。

活性はMAXですが、なかなかフッキングしないようで、他の釣り師たちは本当に苦戦している様子でした。

さしもの息子も自分の爆釣モードに、『釣り堀だってこんなにアタらないよ!』と驚いていました。

しかし、その驚きは、次にガキおやじに降臨したプレミアムGODにより一瞬で吹っ飛ばされました(≧∇≦)b

ガキおやじが仕掛けを投入した瞬間、ウキが沖に向かって脱兎のごとく走り出しました!!

Σ(゚Д゚) Σ(゚Д゚) Σ(゚Д゚)

鬼合わせっ!! ビシッ!!! HITォ~っ!!!!

あひ~っ、ボラ掛かっちゃったよ~(;´Д`)

ん~っ、参ったねぇ。。。

ぐるぐるメチャクチャに走り回るボラと思しきヤツ。

しかし次の瞬間、

グイグイグイ オラオラオラ~ッ!!

と、下へ下へと潜りはじめ、一気に反撃態勢に変わりました。ドラグがジリジリ鳴り、ガキおやじとの距離を広げて行きます。

やべぇ、ボラじゃねぇぞ!!何だ何だ? !

ゼッテェ上げてぇ!!

しかし、ガキおやじのタックルはフロロ1号ハリス。絶対に上げられないだろう。ゆっくりゆっくりリールを巻いて行く。

5分ほどの死闘の末、疲れが見えた敵を一気にぶっこ抜き!!!!



ど~ん!!

上がったのは何と33cmのワカシでした。

ワカシが江の島に回ってくるのは知ってるし、狙うカゴ投げ師が大挙しているのも知ってる。

しかし今日は朝から、たくさんいるカゴ投げ師、一匹たりとも青物上げていなかったんです。

なのに、ガキおやじの小物タックルに、それも、大堤防の一番根元のキワに紛れ込んで来るとはΣ(゚Д゚)

13:30、コマセを使い切りGAME OVER。

息子、『俺は今日、試合に勝って勝負に負けた_| ̄|○』と、誰に教わったんだかってな捨て台詞を吐き、ガキおやじに対ししおらしくリベンジを誓っておりました。

ギャハハ、参ったか!! 伊達にお前より長く生きては無いわい(^O^)v

お父さんもお前も今年は歳男だが、お前は2回目、お父さんは5回目。年季が違うんだぞw


【RESULTS】
息子:メジナ29(18匹リリース)、アイゴ6(リリース)
ガキおやじ:ワカシ1、クロダイ1、メジナ4(3匹リリース)、ヒイラギ3(リリース)、アイゴ3(リリース)、フグ2(リリース)、シマダイ21(リリース)



いやぁ、釣れたな~❤

何が良かったのかわからないけど、とにかく我々親子だけが異常な釣れ方したんだよね~! 場所かな?

なかなかこんな体験出来ないね。特に息子は往年のトロピカーナの裏モノをツモり、朝から晩まで当たりっぱなしみたいな状態だったし、ガキおやじはミリオンゴッドのPGGを一日に2回引いちゃったようなもんだもんな(≧∇≦)b

最高に楽しい一日ではありましたが、ガキおやじには帰宅後地獄の労役がありました(;´Д`)


メジナのフィレ取り


メジナの塩焼き


フィレからの刺身


黒鯛の刺身


ワカシの刺身


メジナの胡麻醤油ヅケはゴハンに乗せるとサイコー❤


息子も娘も爆食してました(≧∇≦)b

・・・と言うわけで、久々の釣行記【トロピカーナB物をツモった! ~江の島巨編~】は以上\(^o^)/
今年の夏休みは異常な気候で、ニュースによれば東京は8/1~16まで16日連続の雨とか。

神奈川も例外なく雨雨雨・・・。

息子と釣りに行く約束をしていた8/16も、朝4:00の時点で雨(;´Д`)

息子も頭来て『寝る!』と不貞寝。

しかし、9:00頃なんとか雨が上がったので強行出撃。

江ノ島裏磯でジグサビキ一本勝負に出ました。

江ノ島裏磯は、とにかく行き帰りが地獄の山登りなので、ガキおやじも学生時代は主戦場にしていましたが、すでにそんな体力もなく、現在は江ノ島は表磯専門。裏磯はかれこれ25年ぶりの登場です。

外国人観光客で溢れ返る江ノ島入り口から、階段を塞いで自撮りに夢中の中国人観光客を掻き分けながら裏磯へ。

この時点でヘトヘトなんだけど、今日はエサも、餌釣り用のタックルも何ひとつ持ってきてないので、三振かホームランのジグサビキを一日やるしか選択肢がありません。


息子はいそいそと仕掛けを準備し、早速キャスト開始。

ここは、釣り師達が『大平(おおだいら)』と呼び、観光客は『稚児ガ淵』と呼ぶ、回遊魚狙いのカゴ師が溜まるエリア。

今日はここで、アジ、サバ、イワシを狙います。


ガキおやじは、到着時点で既にHPが50%を割ってしまったのでガソリンを補給w

もともと仕掛けを常に動かしていなければならない、忙しい疑似餌釣りが好きではないガキおやじ、今日は意気込みもいつもの半分程度。単なる息子の保護者です(*´∀`)


最初のヒットは息子、ピコカマス(≧∇≦)b

こんなの、尺越えのカマス釣るより難しいわ! それも、ちゃんと下顎にフッキングしてやがるw モチロンリリース。


ガキおやじは一度ベースを張ったら梃子でも動かない、ランガンに最も向いていない釣りスタイル。一方、息子は釣れないとあちこち動き回り、ヒットアンドアウェイを繰り返すランガンタイプ。あんまり遠くへ行くなよ!

【RESULTS】
マルボウズ(≧∇≦)b

いや~、つくづくガキおやじ、この手の釣りは向いてないな~(*´∀`) すぐにヤンなっちゃった。

この日、カゴ師、ジギンガーなど、青物狙いは玉砕。ウキメジナ師は軒並みお祭り騒ぎという、対照的な一日でした。

あ~、ウキ釣りタックル用意すべきだったな^_^


夕方、江ノ島岩屋の上の森ではヒグラシがカナカナカナカナと鳴いていました。

・・・もう夏休みも終わりだな。