FC2ブログ


ガキおやじは昨年9月、永年勤続25年のご褒美である、JTB旅行券20万円と4日のリフレッシュ休暇の権利を取得しました。

権利の行使期限は1年間。すなわち、今年の8月31日まで。

高3の娘と中2の倅は留守番させて、夫婦2人で旅行するつもりでしたが、ガキら、それは許さないと言いやがる^_^;

なんだよ、お前ら、ついてくるのかよ(>ω<)

ってことになりました。

さて、どこに行く? 何する?

となるんですが、夫婦2人なら北海道に行き、食い倒れるつもりでした。

しかし、4人ツアーとなると交通費だけで旅行券20万円が吹っ飛んでしまう。

仕方ないから移動は全行程マイカーで、伊豆半島一周3泊4日の旅に出掛けることにしました。

持ち出しは8万円くらいかな。 

とにかくメシを豪華にしたいと言うことで、旅行会社と交渉し、3泊とも晩飯はグレードアップしてもらいました。

うち1日は、ホテルのプライベートビーチでシュノーケリング三昧。

っつ~訳で、娘も息子も、マスクとシュノーケルを買い替えました。

生意気に2眼のマスクが欲しいとか吐かしやがったのですが、安いセットがあったので2式ポチ。

楽しみではありますが、天気が・・・(/_;)


ホントは度付きサングラスが欲しいんだけど、やはり高いよな~。

長らくクリップオンタイプの偏光グラスをメガネにつけていたんだけど、クリップのバネがヘタるとすぐズレやすくなる。

オーバーグラスタイプのサングラス、コールマンの跳ね上げ式をひとつ持ってはいるが、跳ね上げ式は便利ながら、やはりヒンジが程なくしてバカになった。

跳ね上げ機構は捨て、タフでかつなるべく小さめに見えるオーバーグラスを探していたんだけど、AXEの安いやつが見つかったのでポチ。

野球と釣りと車の運転時と、サングラスをかける機会は非常に多い。

歳取ってからはますます直射日光が辛くなった。

どうせならいい度付きサングラス買っちゃえばいいのにね^_^;
2019.06.19 便利グッズ
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

プロックス(PROX) タオルホルダー PX967
価格:568円(税込、送料別) (2019/6/19時点)



コレは便利そうだ!

カラビナフックでベルトに固定し、ジッパーをあけてタオルを通す。

簡易お手拭きホルダー。

ダブルジッパーになっているので、タオルを固定する高さが10cmくらい調整できる。

タオルは体の前に垂らしているとよく針を引っ掛けてしまうんだけど、かと言って、手の届くところに置いていないと意外とストレスになる。

倅用と2つポチ(^o^)v
20190606213643ba0.jpg
20190606213655f94.jpg
20190606213708d0d.jpg

2019060621371839e.jpg

恐らく(というか、ほぼ確実)自分の人生最後の金属バットが届きました。

ASICS フルクラムPW 84cm 720g トップバランスモデル。

どうしても新規格球、軟式M号球対応バットの打撃感を味わってみたかったのです^_^;

それにしても、草野球チームに所属もしていない50になるオッサンがバット新調するなんて危険極まりないな(≧∇≦)b
2019.06.03 NEW バット購入


ガキおやじがちゃんとした社会人草野球チームで結構本気で野球やっていたのは34歳が最後。

現在は学童野球の指導者6年目、市野球協会の公認審判員3年目。

野球には関わっているものの、自分がプレイすることはなくなり、16年になります。

今は年に一度お呼びがかかる地区のソフトボール大会でやる程度。

あとは年に数回バッティングセンターで遊ぶ程度かな。

まだ動けるうちにもう一度ちゃんとプレイしたいなとずっと思っているんだけど、なかなか縁がない。

学童野球のコーチはやっているのでグローブは定期的に買い替えているのだが、バットは草野球時代に買ったSSKのジュラルミンバットを20年使っている。

今は自分のバットを使う機会はほとんどなく、息子が家で素振りするためだけに存在している。

20年前の金属バットなんて、インパクト時の軟式ボールの変形によるエネルギー損失→打球スピードと飛距離ダウンという理論も確立されてなかったから、ひたすら硬さを追求していた時代の物で、今の常識の対極を行くシロモノ。

今の新規格球、M号ボールには対応出来ないだろうと思う。

飛ばない上に、多分ボールが割れるかバットが凹む。

ま、そう言うのは打撃技術があるヤツだけに当てはまるんだけどね^_^;

今日は妻と買い物に行き、スポーツ用品店で息子の部活用アンダーシャツと練習用ソックスを買ったのだが、何気なくバット売り場見ていたら、やはりM球対応バットが欲しくなってしまった、

実はバットの世界、今は硬式用バットの方が安いものが多いの。

硬式用バットが安くなったのではなく、軟式用バットが異常に高くなっているの。

硬式用バットの相場はだいたい3万円前後。

軟式用は昔ながらの金属バットは15,000円以下であるのだが、今は上述の、インパクトの瞬間のボールの変形を防ぎ、反発力を最大化するため、バット表面にインパクトの衝撃を吸収するためにウレタンゴムなどの衝撃吸収部材が巻いてあるバットが多い。

さらに素材自体がカーボンだったりFRPだったり、凡そバット用とは考えられない高価な素材を使用した軟式用バットの値段は4万円以上する。

高機能バットは確かに【ものすげぇ】飛ぶ。いわゆるバットの芯を外した打球でもそれなりに飛ぶ。

しかし、高校野球以上を目指すなら使わないほうが良い。正しく【バットのスイートスポット】でボールを捉えなくても、バットが勝手に飛ばしてくれるから、あとで苦労することになる。

まず、こういうバットの使用は中学軟式までしか認められていない。

そもそも、現時点で硬式用は存在しない(硬式ボールはインパクトの瞬間もつぶれないから)。

こうした高機能バットは大人が草野球で楽しむべきものだと個人的には思っている。

今日は、硬式用金属バットの旧年度モデルが1万円(久保田スラッガーとアンダーアーマー全品)で売っていた。

コレを買っても良かったのだが、軟式ボール打つとインパクトの際にボールを潰してしまうので飛距離は出ないし、ボールを傷つけてしまう。

今の軟式用金属バットは極力ジュラルミンの厚みを薄くし、かつ強度を確保した【超々ジュラルミン】素材を使い、インパクトの瞬間の衝撃に対し、打撃面がしなやかに撓んで、ボールの変形を抑える改良が加えられている。

20年前のジュラルミンバットに比べたら飛距離は出る(多分)。

結局、ASICSの超々ジュラルミンバットの2019年度新製品、【フルクラムPW 84cm】を購入した。

それでも特殊素材のバットの飛距離、打球スピードには全く敵わないけど。

・・・っていうか、ガキおやじにはそもそも使う機会もなさそうだけどね(≧∇≦)b
2019.05.01 高いおもちゃ


学童野球の指導者として、自分が使うグローブなんか安いやつでも良いのかも知れないが、ガキおやじが2014年に買った、ASICSの2014年ラインアップで一番安いモデル、定価9,000円の【HOPE】は、1年保たなかった(ペチャンコになり、親指が後ろ側に折れるように革がダレた)。

で、2015年に、ASICSの軟式用グローブのハイエンドブランド、【GOLDSTAGE】の型落ち在庫処分品、2012年のハイエンドモデル、〈GOLD HERITAGE〉を定価(24,000円)の半額(12,000円)で買った。

こいつはしっかりしていて、5年目に入った今期も充分使えるのだが、今季から公式球が完全に変わり、新規格球の捕球にはややキツくなってきた。

これまでは、全日本軟式野球連盟の公式試合球は、

A号(一般用・高校生用球)
B号(中学生専用球)
C号(小学生高学年専用球)
D号(小学生低学年専用球)

の4種類あったが、今シーズンから、

M号(一般、高校生、中学生共通球)
J号(小学生全学年共通球)

の2種類になった。

旧規格球と比較すると、ボールのサイズが大きく、重く、硬く、弾まなくなった。

これは、軟式から硬式に転向する中高生が、硬式球に移行しやすくする意図(特に転向直後の肘への負担を緩和する意図)がある。

当然ながら、軟式野球用品(バット/グローブ)は昨年度から、【新規格球対応】製品に軒並み変わってきている。すなわち、よりパワフルな素材、保護材を使い、強いバット、強いグローブに置き換わっている。それにつれて、公式球移行期間(旧規格球、新規格球混用期間)である2018年モデルから軟式野球用品は価格が全般的に上がっている。

そこで、新規格球対応のグローブに買い換えることにした。

2019年モデルは高くて買えない(ASICS公式ショップでは32,400円もしやがる)ので、型落ちのモデル、ASICS 【GOLDSTAGE】〈SPEED AXEL〉投手用 2018年モデルをポチ。

型落ちでもあまり安くなってないが、定価30,240円(税込み)のものが、楽天市場の改元記念クーポンを使い、送料込み税込み18,650円で新規格球対応のASICSのハイエンドモデルが買えたのだからヨシとしよう。

・・・それにしても高いおもちゃだ^_^;


ガキおやじがついこの間(2018年12月)買ったばかりだったACEのビジネスバッグがもう壊れてしまった(>ω<)

もっとも、華奢なレディース用を試しに買ったんだけどね。それにしても5ヶ月しか保たないとかあり得ない。

仕方ないから、やはり武骨なVICTORINOXしかなかろうと、17パウリスタ ブリーフケースをポチ。

ガキおやじ27年目のサラリーマン人生で4つ目のビクトリノックス製ブリーフケース。

これ、正規店舗、正規代理店だと45,000円前後で売っているもの。

今回は楽天の並行輸入に手を出してみました。

どうやらこのショップは楽天がオーソライズする、個人輸入を専門でやっている業者みたいです。

4/29まで有効の、3,000円引きのクーポンがあったので23,000円。

さて、並行輸入品、大丈夫だよね?

マジで確定申告しようかな。確かスーツやビジネスバッグ、ビジネスシューズなどは経費として所得控除計上できる筈。

毎年面倒くさいから、会社に一任している。かなり損しているはずだ。




東京オリンピックに向けて、ガキおやじのホームグラウンドである江ノ島周辺は、マリンスポーツ関連の競技会場の整備が始まりました。

当然、今年来年は、周辺沿岸は釣り師が締め出されます。車釣行に至ってはもっと厳しく締め出されるでしょう。

そうなると、それでも釣りしたい奴は必然的に遠征するか、公共交通機関を使い、ニッチなポイントを求めて歩き回る必要が出てくると予想されます。

そこで、ある程度強度があり、かつ、軽量なカートが必要になります。

バカでかいのは必要ないが、電車でもフカセやりたきゃ、少なくともクーラーボックスとバッカンは必須だ。

車釣行なら難なくトランクルームにぶっ込んでしまえるのだが。

他の荷物を考えると、計30kgくらいにはなるだろう。

というわけで、耐荷重50kgの、折りたたみ式カートをポチ。

メインタイヤは直径95mmと大きめで、サブの車輪は360°回転式となっている。

基台に貼る滑り止めシートと固定バンド2本とキャリーバッグもついて2,980円ならヨカでしょう!

問題は、ハンドルのネジレ剛性。これがダメだと使い物にならない。以前使っていた、ホームセンターで1,000円で買ったキャリーカートはハンドルにネジレの力がかかるとすべからく転倒したからな。

コイツには期待したい。
20190416214335232.jpg
20190416214359145.jpg
20190416214356975.jpg
20190416214401617.jpg
20190416214355118.jpg
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ダイワ(Daiwa) ライトトランク4 SU2000R シルバー 03291321
価格:17140円(税込、送料別) (2019/4/1時点)



次は絶対にコレにする!

ダイワ・ライトトランク4 SU2000R。横長の20リットルタイプ。

今使っているクーラーボックスは、同じダイワのSUグレード(底面のみ真空断熱パネル、4面ウレタン充填パネル、天面スチロールパネル)の、RX SU1800Xなんだけど、とにかく重たい。

カタログ上は700gしか違わないのだが、700gの差はデカい。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ダイワ RX SU 1800X (ホワイト) / クーラーボックス
価格:16209円(税込、送料別) (2019/4/1時点)



RXはとにかく頑丈で、75kgのメタボオヤジが座って釣りすることも何なくこなすのだが、基本ガキおやじは釣りの際は一切座らない。ひたすらスタンディングでじっとウキのトップの一点に集中する。

ライトトランクにはとても座れないと思うが、座れなくても構わん。

高さも500mlのPETボトルが立てて入れられればそれでヨシ。 

遠征しないし、保冷力も現行のRXと同じくらいなら充分。

買い換える際の資金の状態次第では、上位グレードのVSSグレード(約1万円高)も視野に。

クーラーボックスは金をかければかけるほど吉。しかし、ガキおやじの釣りシーンでは最高級グレード(ZSSグレード)は必要ない。

それと、クーラーボックスはダイワ一確!
お父さんが釣れないのはランガンしないからだ!

息子の至言。ぐぅの音も出ねぇ^_^;