FC2ブログ
2019.05.01 高いおもちゃ


学童野球の指導者として、自分が使うグローブなんか安いやつでも良いのかも知れないが、ガキおやじが2014年に買った、ASICSの2014年ラインアップで一番安いモデル、定価9,000円の【HOPE】は、1年保たなかった(ペチャンコになり、親指が後ろ側に折れるように革がダレた)。

で、2015年に、ASICSの軟式用グローブのハイエンドブランド、【GOLDSTAGE】の型落ち在庫処分品、2012年のハイエンドモデル、〈GOLD HERITAGE〉を定価(24,000円)の半額(12,000円)で買った。

こいつはしっかりしていて、5年目に入った今期も充分使えるのだが、今季から公式球が完全に変わり、新規格球の捕球にはややキツくなってきた。

これまでは、全日本軟式野球連盟の公式試合球は、

A号(一般用・高校生用球)
B号(中学生専用球)
C号(小学生高学年専用球)
D号(小学生低学年専用球)

の4種類あったが、今シーズンから、

M号(一般、高校生、中学生共通球)
J号(小学生全学年共通球)

の2種類になった。

旧規格球と比較すると、ボールのサイズが大きく、重く、硬く、弾まなくなった。

これは、軟式から硬式に転向する中高生が、硬式球に移行しやすくする意図(特に転向直後の肘への負担を緩和する意図)がある。

当然ながら、軟式野球用品(バット/グローブ)は昨年度から、【新規格球対応】製品に軒並み変わってきている。すなわち、よりパワフルな素材、保護材を使い、強いバット、強いグローブに置き換わっている。それにつれて、公式球移行期間(旧規格球、新規格球混用期間)である2018年モデルから軟式野球用品は価格が全般的に上がっている。

そこで、新規格球対応のグローブに買い換えることにした。

2019年モデルは高くて買えない(ASICS公式ショップでは32,400円もしやがる)ので、型落ちのモデル、ASICS 【GOLDSTAGE】〈SPEED AXEL〉投手用 2018年モデルをポチ。

型落ちでもあまり安くなってないが、定価30,240円(税込み)のものが、楽天市場の改元記念クーポンを使い、送料込み税込み18,650円で新規格球対応のASICSのハイエンドモデルが買えたのだからヨシとしよう。

・・・それにしても高いおもちゃだ^_^;


ガキおやじがついこの間(2018年12月)買ったばかりだったACEのビジネスバッグがもう壊れてしまった(>ω<)

もっとも、華奢なレディース用を試しに買ったんだけどね。それにしても5ヶ月しか保たないとかあり得ない。

仕方ないから、やはり武骨なVICTORINOXしかなかろうと、17パウリスタ ブリーフケースをポチ。

ガキおやじ27年目のサラリーマン人生で4つ目のビクトリノックス製ブリーフケース。

これ、正規店舗、正規代理店だと45,000円前後で売っているもの。

今回は楽天の並行輸入に手を出してみました。

どうやらこのショップは楽天がオーソライズする、個人輸入を専門でやっている業者みたいです。

4/29まで有効の、3,000円引きのクーポンがあったので23,000円。

さて、並行輸入品、大丈夫だよね?

マジで確定申告しようかな。確かスーツやビジネスバッグ、ビジネスシューズなどは経費として所得控除計上できる筈。

毎年面倒くさいから、会社に一任している。かなり損しているはずだ。




東京オリンピックに向けて、ガキおやじのホームグラウンドである江ノ島周辺は、マリンスポーツ関連の競技会場の整備が始まりました。

当然、今年来年は、周辺沿岸は釣り師が締め出されます。車釣行に至ってはもっと厳しく締め出されるでしょう。

そうなると、それでも釣りしたい奴は必然的に遠征するか、公共交通機関を使い、ニッチなポイントを求めて歩き回る必要が出てくると予想されます。

そこで、ある程度強度があり、かつ、軽量なカートが必要になります。

バカでかいのは必要ないが、電車でもフカセやりたきゃ、少なくともクーラーボックスとバッカンは必須だ。

車釣行なら難なくトランクルームにぶっ込んでしまえるのだが。

他の荷物を考えると、計30kgくらいにはなるだろう。

というわけで、耐荷重50kgの、折りたたみ式カートをポチ。

メインタイヤは直径95mmと大きめで、サブの車輪は360°回転式となっている。

基台に貼る滑り止めシートと固定バンド2本とキャリーバッグもついて2,980円ならヨカでしょう!

問題は、ハンドルのネジレ剛性。これがダメだと使い物にならない。以前使っていた、ホームセンターで1,000円で買ったキャリーカートはハンドルにネジレの力がかかるとすべからく転倒したからな。

コイツには期待したい。
20190416214335232.jpg
20190416214359145.jpg
20190416214356975.jpg
20190416214401617.jpg
20190416214355118.jpg
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ダイワ(Daiwa) ライトトランク4 SU2000R シルバー 03291321
価格:17140円(税込、送料別) (2019/4/1時点)



次は絶対にコレにする!

ダイワ・ライトトランク4 SU2000R。横長の20リットルタイプ。

今使っているクーラーボックスは、同じダイワのSUグレード(底面のみ真空断熱パネル、4面ウレタン充填パネル、天面スチロールパネル)の、RX SU1800Xなんだけど、とにかく重たい。

カタログ上は700gしか違わないのだが、700gの差はデカい。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ダイワ RX SU 1800X (ホワイト) / クーラーボックス
価格:16209円(税込、送料別) (2019/4/1時点)



RXはとにかく頑丈で、75kgのメタボオヤジが座って釣りすることも何なくこなすのだが、基本ガキおやじは釣りの際は一切座らない。ひたすらスタンディングでじっとウキのトップの一点に集中する。

ライトトランクにはとても座れないと思うが、座れなくても構わん。

高さも500mlのPETボトルが立てて入れられればそれでヨシ。 

遠征しないし、保冷力も現行のRXと同じくらいなら充分。

買い換える際の資金の状態次第では、上位グレードのVSSグレード(約1万円高)も視野に。

クーラーボックスは金をかければかけるほど吉。しかし、ガキおやじの釣りシーンでは最高級グレード(ZSSグレード)は必要ない。

それと、クーラーボックスはダイワ一確!
お父さんが釣れないのはランガンしないからだ!

息子の至言。ぐぅの音も出ねぇ^_^;


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

シマノ バスワン XT RIGHT(右)(東日本店)
価格:7182円(税込、送料別) (2019/3/28時点)



息子のヤロー、隠し金持ってやがった。

生意気に、シマノ・バスワンなんていうベイトリール買ってきやがった。

父ちゃんが使っている、タカミヤ・REAL
METHOD GIGA SALT HGより少し安いモデルながら、遠心ブレーキモデルなんだな。

お前、キャスト出来るのか?(≧∇≦)b


先日、ガキおやじが結婚20周年の記念で購入した、CASIO PRO TREK PRW-7000FC-1BJFを見た息子、『俺もフィッシングタイム機能がついた20気圧防水の腕時計が欲しい』と吐かしてやがる。

フィッシングタイム機能とは、月齢と時角(月の角度)から、その日の釣りのゴールデンタイムを割り出してくれる機能。

ま、あくまでもただの目安だけどね。

実際は、気温や天気、風、潮の流れ等の影響があるから、あくまでも理論上、魚が活性化すると言われている時間を割り出すもの。

それよりも、いい意味で『チープCASIO』と呼ばれ、世界中で愛されている価格帯の製品で20気圧防水ってのが凄い。

もちろん、この価格帯で20気圧防水を奢るということは、電波受信もソーラー電池も非搭載なんだけど、息子のデマンドにバッチリハマったらしい。

ヤツは今、G-SHOCKライクの5,500円のチープCASIOのアナデジを使っている。コイツは10気圧防水ながらソーラー電池搭載だ。

買ってやっても良いが、フィッシングタイム機能、必要かなぁ?

スマートフォンのアプリでいくらでもあるんじゃね?

最近のウキフカセ時の激安ブレンド。

釣具のポイントオリジナル、【餌蔵 強力まき餌チヌ用(白)】+増量材、ヒロキュー【ホワイトパワープラス】。

ただでさえ2つでポイント通常価格1,000円チョイなんだけど、今日はセールで2つで850円。食わせ用のオキアミツインパックが360円。〆て1,210円。

ま、この他にオキアミブロックが1,000円するし、大荷物になるから車の釣行。駐車場代もかかる。

ウキフカセは金も手間も掛かるんだが、やはりガキおやじはこのメソッドが好きなのだ♪
先日の江ノ島表磯アタックに備え、自宅至近の『釣具のポイント』で息子のために買った、REALMETHOD EVAラバーハイブリッド ラジアルブーツ、結局当日は爆風のため入磯できず、ムダになってしまったと思いきや、メチャクチャ軽いらしく、いたくお気に召したようです^_^;

息子、今季ガキおやじと一緒に釣りに行くときは、普段やらない釣りをしたいと言う。

すなわち、野球部のど素人仲間と行くときは堤防でサビキかチョイ投げ。クラスの釣り小僧と行くときはブラックバス狙い。

ガキおやじと行く場合は磯ウキフカセか穴釣りを、未知の場所はアチコチ開拓せず、毎回同じポイントに通いつめ、じっくりやりたいそうです。

学校の勉強はみやぞんレベル(マジでヤバい)のくせに、こういうところは学者肌なんだよな(≧∇≦)b

先日の湘南大堤防でのウキフカセで、ガキおやじが初めてヤツに遊動式ウキフカセを伝授し、オヤジのコレクションの中から、非自立タイプのロング棒ウキ(キザクラ・見えとびチヌ2号と、ダイワ・ベガスティック1号)の2本を謹呈。

昨シーズンまではゴム管で唐辛子ウキを固定する釣りしか教えてなかったので、表層狙いしか出来なかったが、遊動式ウキフカセにしたらタナは自由自在に探れる。

息子、自分でタナを自由に動かし、表層から底まで全層探れる遊動式ウキフカセにハマったようです。

『遊動式ウキフカセが一番釣った感がある!』と、今シーズンは極めたいご様子。

ガキおやじも、磯でのウキフカセが一番好きなので大歓迎なんだけど、磯が低く、満潮時は必ず水をかぶる江ノ島表磯をホームグラウンドにしている釣り師には、長靴が必須なんす。

ガキおやじはちゃんとした磯用のフェルトスパイクブーツを持っていません。

数年前に藤沢市で40cmものドカ雪が降った時に通勤用で買ったゴム長靴しか持ってないんす^_^;

先日そいつを物置から引っ張り出して履いて行きましたが、とにかく膝下丈まであるゴム長履いて車の運転が地獄のように疲れました(;´Д`)



コレではイカンと思い、ショートタイプのラジアルブーツを探していたら、PROXの2015年モデルのショートラジアルブーツが1,500円というダンピングをやっていたので則ポチ。

実はこの ‘15ショートラジアルブーツは、今年5月にフルモデルチェンジをするため、もうPROXのオフィシャルサイトでも取り扱い中止になっているんです。

そのため、ナチュラム楽天市場店で投げ売りしていたんですね。

このデザインなら、年に1回あるかないかという大雪の日に、ビジネススーツの下に履いても変じゃなかろう。

丈も短いため、車の運転も支障なかろう。

ウェーディングしないし、丈はこれで充分。

磯に乗るならホントはフェルトスパイクブーツが良いんだが、スパイクブーツは普段履けないからな。ラジアルブーツで妥協^_^;
妻が、『アタシが一番好きな魚はヒラメなの。たまにはヒラメ釣って来て!!』

だって。

『酔うから船乗れねぇし、サーフもルアーもやんねぇからムリ!!』

・・・と言ってもワカランだろうが^_^;