2017.07.26 さんぽ
♪あ~る~こ~ あ~る~こ~ わたしは~元気~ あるくの~大好き~ どんどん行こう~♪

ガキおやじ、子供の頃から長距離を歩くのが大好きなガキだった。

小1~小4まで過ごした、川崎市幸区の小学校(今は無き、川崎市立河原町小学校)の『全校徒歩遠足』の影響かも知れない。

朝早く学校に集合し、全校生徒一斉に出発。

まず、10分くらい歩き、多摩川に出て、1年生はそこがゴール(川崎競馬場厩舎)で、お馬さんの練習見て河原で弁当食べて帰宅。

2年生は多摩川サイクリングロードを少し上り、多摩川大橋まで。

3年生は平間のガス橋まで。

4年生はその上の東急東横線丸子橋まで。

5年生は東急田園都市線二子玉川まで。

6年生は小田急本線登戸まで、タマサイ(多摩川サイクリングロード)をひたすら往復する遠足。

みんなスゲーいやがっていたけど俺は楽しみで仕方なかったw

ただひたすら歩く。途中でグズり出す子供がいても置いていく(モチロン、回収担当の教師の車が何台もスタンバってるんだけど)。

3年生まではほとんどミッションクリヤーでしたが、4年生くらいから脱落者がいたね。

この鍛錬の成果かどうか知らないけど、戸塚に引っ越して、釣りが好きだった俺は、鎌倉や逗子の海に釣りに行き、行きは電車、帰りは歩きなんてのを結構やっていた。

高校生の時は、学校がある保土ヶ谷から自宅の戸塚まで(JR横須賀線で二駅)歩くなんてのを何度もやったな。イヤがるソウスケを無理ヤリ付き合わせて(≧∇≦)b

一昨年、仕事関係の視察旅行で愛媛の道後温泉に泊まったときは、道後温泉から松山空港まで約20kmの道程を4時間半で歩いたし。

歩いてると、乗り物に乗ってピュ~ッと通り過ぎてしまった時には見えない景色がたくさん見えてくる。

いつもは気付かなかった風景も、徒歩なら見逃さない。

疲れたらテキトーに休む。腹減ったらテキトーに何か食う。

気が変わったら、ルートをビシバシはずれて寄り道する。

だから、『開始時間』『終了時間』がキチキチに決まっているツアーとか好きくない。

妻に言わせると、結婚前も後も変わらない、俺のこういうところだけはついて行けないそうだ。

『触角が切れたアリ』なんだそうだ^_^

コレは俺が高校生の時に死んだ父親の遺伝子だな(≧∇≦)b
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ジャッカル リズムウェーブ 4.8inch JACKALL RHYTHM WAVE
価格:729円(税込、送料別) (2017/7/4時点)



息子がハマっている、youtubeの釣り動画『釣りよかでしょう』って知ってる?

佐賀県に本拠を置く釣り集団の動画なんだけど、ユルユル、グダグダでメチャクチャ楽しい。

リーダーの釣り初心者『よーらい』、バス専門の農家、料理の腕前はプロ級の『むねお』、元視聴者からメインキャストにのし上がった『きむ』・『はた』、初期メンバーだったが転居で出演回数が少なくなった『ユーP』、国内バス釣り大会の賞ハンター『とくちゃん』などが、交代交代で番組を作っている。

1本15分くらいの動画なんだけど、必ず『釣り編』と『料理編』があるのもナイス。

この『釣りよかでしょう』の『神回』と言われている動画がある。

釣り師『きむ』、カメラマン『はた』の回。

あるフェリー乗り場近くのテトラで、穴釣りやったけど釣れず、仕掛けを変えてエギングロッドでアオリイカ狙っていたんだけど、イカも釣れない。

しかし、何か大きな魚がエギにアタックしてきたので、エギを外し、リズムウェーブ(ワーム)に替えてキャストしたら、80cm超えの真鯛がかかったという回。

この回は何度見ても笑える。

エギングロッドとワームをショアから投げて、80アッパーの真鯛をゲットするなんて、多分世界的に例がない(≧∇≦)b


いつになるかぜんぜんワカランのだけど、次に少年野球が休みの日があったら、息子がジグサビキやりたいと言っている。

夏休みの時期なら、江ノ島の片瀬漁港でアジサバやワカシの回遊が期待できるかもね。

ま、ジグサビキは沿岸に回って来ることが大前提で、三振かホームランだからな。ガキおやじはあんまり息子にはオススメしたくはないんだけど、とにかく汚れまくるカゴ投げサビキよりはマシかな。

っつ~訳で、激安ジグサビキ用仕掛けをポチ。

3本針2組で1シート150円だって(≧∇≦)b

9号を3枚、10号を3枚買って、送料込みで1,100円w

コレなら無駄使い出来るな♪
ガキおやじ、藤沢市民歴6年目なので、生まれつき当地、或いは近隣の鎌倉市、茅ケ崎市、平塚市、大磯町に根付いている方はどう思っているか、知る由もないんだけど、『湘南』と言う架空の言葉をブランド化しようしようと企む向きが気に入らない。

なんでもかんでも湘南。今となっては三浦半島の相模湾側の南端から湯河原の先っぽまで湘南。

ひどいのになると、厚木や伊勢原、秦野などの県央まで湘南とか名乗るふざけた輩(主に宅地ディベロッパー)もいる。

例えば二宮、小田原など、『湘南の西側』の意味で『西湘』と呼ぶのは好ましい。

サザンオールスターズ、チューブの影響もあるのか知れんけど、外部の人間が湘南湘南いうほど、住民は思ってないんじゃないかな。

そもそも神奈川には『湘南』なんて地名ないし、本家は中国浙江省の風光明媚な海岸だし。

『湘南ナンバー』も俺には違和感たっぷり。存在しない地名のナンバーとか(ちなみに我が愛車は川崎ナンバーね)。

『湘南』と聞いて、もの凄いブランド力を感じるのは、俺は『神奈川県立湘南高等学校』だけだな。


コレ、平塚のららぽーとにあるLOGOSショップで実物をまじまじと見たんだけど、デモンストレーションでは本当にアイスクリームを入れて3時間放置している状態で、全く溶けていなかった。

車で釣りに行くときはハードタイプのクーラーボックスでいいのだが、電車で釣行する場合はなるべく軽いものが良い。

ソフトタイプのクーラーボックスには保冷性能が良いものがなかなかない。これはソフトクーラーバッグにしては重いが、ハードタイプのクーラーボックスに比べればはるかに軽い。

衝動買い一歩手前まで迷ったんだけど、結局その時は見送った。

理由は、保冷剤として使用する、LOGOS純正の、-16℃をキープする『ハイパー氷点下パック』。凍らせるためには冷凍庫の温度設定を最強にして、-20℃程度の庫内環境を一時的に作らなければならないこと。

まぁ、アイスクリームを保存するのでなければ、ハイパー氷点下パックを使用する必要はないんだけどね。

・・・やっぱ欲しいな(^O^;
息子、釣り雑誌『磯・投げ情報』の投稿コーナー『おまつり倶楽部』にハガキを投稿したのが採用され、さらに、『今月のハガキ職人』に選ばれ、編集部からハンドタオルとステッカーが送られて来ました(≧∇≦)b

『磯・投げ情報』7月号に掲載されています^_^

一生の思い出だなw





通勤カバンが壊れたので新しいのを購入。今まで使っていたものは2年しかもたなかった。。。

外回りの営業マンにとって、ビジネスバッグは必要不可欠なのだが、今回はトートタイプのものにしました。

リアル店舗で実物を見て一目惚れ。ビジネスバッグは耐久性が最重要。もっともっと金を手出せば、一生モノの逸品もあるのかも知れんが、薄給のサラリーマンにゃこれくらいが限界。

ドイツのBERMAS(バーマス)社のバッグだがジャパンメイド。鞄の街、兵庫県豊岡町謹製。

最低5年は使いたいね。
2017.05.26 金食い虫
息子が『一生のお願い!』とか吐かして、ヤフオクドームに連れて行って欲しいと懇願。

小学校生活最後の想い出作りも悪くなかろうと、夏休み、羽田-福岡の往復航空券とドームそばのホテルを予約しちまった!

ソフトバンクホークスvs千葉ロッテマリーンズのナイトゲーム、父子二人で観に行ってきます。

10万円だとさ(;´Д`)

マリンスタジアムで観ようぜよ~・・・

金ねぇってのに(≧∇≦)b

おぉ~、ちっちぇのが届いたぞ!!

PROX・VALTOM BC-BF1 R81D。

息子のにはフロロカーボンの3号(12lb)を巻いたけど、俺はコイツにフロロカーボンの2号(8lb)を巻きやすかね(^o^)v

25年モノの愛機、ダイワ・トライフォースZ 155iVにはナイロン4号(16lb)が巻いてあるから、ターゲットに応じて使い分けだな。

バカ息子、届いたベイトキャストリールを竿に装着し、部屋でブンブン振り回してます(≧∇≦)b

息子のヤロー、自分でナイロン5号を500m持ってるくせに、生意気に『道糸はフロロカーボンの3号にして欲しい!』とか吐かしやがり、父ちゃんの貴重なストックを50mほど盗られてしまいました(;´Д`)